これ読んでみた

知らなきゃヤバイ!水を飲んではいけない3つのシチュエーション「水と体の健康学」

人間の体の約60%が水であることからも分かるように、人間と水は切っても切り離せない関係になっています。

水を制するものは健康を制する!ということで、新年一発目の読書として藤田 紘一郎著「水と体の健康学 なぜ熱中症には真水が危険?肉食系は超硬水でダイエット」を読んでみました。

はじめに

第1章 水はいのち

第2章 水の超能力

第3章 体によい水を求めて

第4章 水の効果的な飲み方

第5章 安全ではなくなった日本の水道水

第6章 体にいい水の飲み方ガイド

健康管理のカギとして、良い水や悪い水、健康増進に効果的な飲み方をはじめ、水に関する知識とノウハウがいろいろと紹介されています。

ここでは本書の中から、水を飲んではいけない3つのシチュエーションをピックアップしてみたいと思います。

こんな時には水を飲んではいけない!

水を飲んではいけないシチュエーションは以下の3つの場合です。

  1. 熱中症
  2. 運動やサウナのあと
  3. 子どもの下痢や発熱時

ここで共通しているのは「熱中症」や「脱水症状」の時であるということ。

このような時は水を飲まなければいけないと勘違いしやすいものですが、実は間違いです。真水では脱水状態を完全には回復できないそうです。ネズミの飲水による脱水回復実験によると、真水では50%程度しか回復しないとのこと。

脱水状態の時に飲むべきもの

脱水状態をすばやく完全に回復させるためには次の2つを飲むことが大切になってきます。

  • 0.1~0.2%の食塩水
  • ナトリウム濃度が100mlあたり40~80mgのスポーツ飲料

脱水状態を回復するには「水分」だけではなく、「塩分」も必要不可欠だということは覚えておきましょう。

まとめ

その他にも、水を使ったダイエット法や約9割の人が禁煙に成功した5日間で止められる「水飲み禁煙法」なども掲載されています。

水一つとってもかなり奥深いことが分かります。興味がある人はチェックしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. これ読んでみた

    100歳まで自分の歯を残すために知っておくべき4つの生活習慣

    QOL(クオリティ・オブ・ライフ)において最重要のひとつは、歯の健康と…

  2. これ読んでみた

    ストレングスファインダーで自分の5つの強みをあぶり出す:さあ、才能(じぶん)に目覚めよう

    自己分析のド定番「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強み…

  3. これ読んでみた

    史上最高のセミナー:9人の億万長者のセミナーが1冊の本に凝縮!

    9人の著名な億万長者のセミナーが1冊の本に凝縮された「史上最高のセミナ…

  4. これ読んでみた

    有名な胃腸内視鏡外科医が教えてくれる人生を太く長く生きる方法「病気にならない生き方」

    有名な胃腸内視鏡外科医が教える、太く長く生きる方法が書かれた1冊「病気…

  5. これ読んでみた

    なんとなく身体の調子が悪いという人は要注意!現代人が陥りやすいミネラル不足とは?

    「食事でかかる新型栄養失調」という本を読んでみました。この本で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリー

フリーランスのための身体マネジメント特集

丸刈りハック

  1. プログラミング

    Xcode 9にてimageViewに設定した画像が表示されない時の対処法
  2. これ買ってみた

    サイズ感が抜群!ノースフェイスのアルパインライトパンツがかなり使える
  3. Webサービス

    無料の携帯アクセス解析「うごくひと2」のサービスが終了!
  4. ニュース

    アプリ限定の無料動画もあり!「テレビ東京ビジネスオンデマンド」がiPhoneアプ…
  5. Webサービス

    ChromeでGoogleページランクやWhoisなどのサイト情報を確認できる拡…
PAGE TOP