これ読んでみた

知らなきゃヤバイ!水を飲んではいけない3つのシチュエーション「水と体の健康学」

人間の体の約60%が水であることからも分かるように、人間と水は切っても切り離せない関係になっています。

水を制するものは健康を制する!ということで、新年一発目の読書として藤田 紘一郎著「水と体の健康学 なぜ熱中症には真水が危険?肉食系は超硬水でダイエット」を読んでみました。

はじめに

第1章 水はいのち

第2章 水の超能力

第3章 体によい水を求めて

第4章 水の効果的な飲み方

第5章 安全ではなくなった日本の水道水

第6章 体にいい水の飲み方ガイド

健康管理のカギとして、良い水や悪い水、健康増進に効果的な飲み方をはじめ、水に関する知識とノウハウがいろいろと紹介されています。

ここでは本書の中から、水を飲んではいけない3つのシチュエーションをピックアップしてみたいと思います。

こんな時には水を飲んではいけない!

水を飲んではいけないシチュエーションは以下の3つの場合です。

  1. 熱中症
  2. 運動やサウナのあと
  3. 子どもの下痢や発熱時

ここで共通しているのは「熱中症」や「脱水症状」の時であるということ。

このような時は水を飲まなければいけないと勘違いしやすいものですが、実は間違いです。真水では脱水状態を完全には回復できないそうです。ネズミの飲水による脱水回復実験によると、真水では50%程度しか回復しないとのこと。

脱水状態の時に飲むべきもの

脱水状態をすばやく完全に回復させるためには次の2つを飲むことが大切になってきます。

  • 0.1~0.2%の食塩水
  • ナトリウム濃度が100mlあたり40~80mgのスポーツ飲料

脱水状態を回復するには「水分」だけではなく、「塩分」も必要不可欠だということは覚えておきましょう。

まとめ

その他にも、水を使ったダイエット法や約9割の人が禁煙に成功した5日間で止められる「水飲み禁煙法」なども掲載されています。

水一つとってもかなり奥深いことが分かります。興味がある人はチェックしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. これ読んでみた

    通勤・通学・ママチャリまで自転車乗るなら絶対に知っておくべき3つのルール+α

    最近、自動車の運転より自転車に乗る機会が多くなってきました。そのため自…

  2. これ読んでみた

    正しい知識で筋トレすれば必ず体は変化する「ジムに通う人が知っておきたいトレーニング科学」

    短期間で充分なトレーニング効果を実感するには正しい方法を知っていること…

  3. これ読んでみた

    その体調不良は水分の過剰摂取が原因かも!「水分の摂りすぎ」は今すぐやめなさい

    健康に対する意識が高い人ほど注意が必要かも!水分の過剰摂取が原因で、様…

  4. これ読んでみた

    意外とやってしまいがち!あなたを老化させている5つの習慣:老けない人はやめている

    男性女性問わずいつまでも若々しく健康でありたいと思うのは誰もが望むこと…

  5. これ読んでみた

    目を覚ませ!会社や組織に雇われずに働く方法はいくらでもある:「就職しない生き方」

    「就職しない生き方」を選んだ10人の体験談をインタビュー形式でまとめた…

  6. これ読んでみた

    100歳まで自分の歯を残すために知っておくべき4つの生活習慣

    QOL(クオリティ・オブ・ライフ)において最重要のひとつは、歯の健康と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリー

フリーランスのための身体マネジメント特集

丸刈りハック

  1. 小ネタ

    Macの画像編集アプリ「Pixelmator」を使って画像にモザイク・ぼかしをか…
  2. これ読んでみた

    今話題のユーグレナで食糧問題や環境問題は解決するのか?「僕はミドリムシで世界を救…
  3. これ読んでみた

    健康オタクの医師が書いたビジネスパーソンのためのサバイバル健康投資術「HEALT…
  4. これ読んでみた

    通勤・通学・ママチャリまで自転車乗るなら絶対に知っておくべき3つのルール+α
  5. 決済

    日本発!スマホでクレジット決済ができるサービス「Coiney(コイニー)」
PAGE TOP