これ読んでみた

今までの「ビジネスモデル」に縛られる人は、急激に「化石化」していく:「新しい働き方」ができる人の時代

元yahooの副社長であるセス・ゴーディン氏の著書「Linchpin」を神田昌典さんが監訳した本「「新しい働き方」ができる人の時代」を読んでみました。「前時代の働き方」が終わり、「自由な発想」で「個性を全開」にして働くことの大切さが語られています。

 

「成功者のルール」は大きく変わった

(中略)自分が今現在、どんな地位・職責にいようとも、「あなたが絶対に必要不可欠だ」といわれるような人材にならなければなりません。

もはや言われた通りに仕事をして、給料を得るために働く時代は終わりを迎えていると著者は言います。「必要不可欠な人材」になるためにまずできることは、「変わろうと」思うこと。安定にしがみつくということがリスクになることを自覚する必要があります。

これから絶対求められる「働き方3.0」

アーティストのように才能を全開にして働くこと(中略)。「アーティスト」とは、「豊かな発想をもち、既存の枠にとらわれず、自由に、新しい価値を生み出していける人」

「かなめ」「必要不可欠な人」になることは、経営者やビジネスパーソン、フリーランサーであろうと絶対に必要なことです。つまり、 替えのきかない存在になっていくことの重要性を説いています。逆を言えば、いくらでもかえがきく人は要注意。

現在、大きな価値をもっているのは、知識にもとづいて優れた判断ができる人

ネットが普及した今、情報には誰にでも簡単にアクセスできるようになりました。そのため情報自体にはそれほど価値はなくなってきています。取得した情報をいかに活用できるのか、知識より知恵が求められています。

何かをしようとしたときに抵抗や恐怖、疑念がわいてきたら、やる価値がある証拠

新しいことにチャレンジするときには「抵抗」や「恐怖」などが常につきまとうものです。しかし、それは良い兆候であるという考え方を持つことが出来れば、あきらめて何もしないという選択肢は少なくなるのではないでしょうか。

まとめ

これからは「いままで通りで良い」という考え方は全く通用しない時代がやってくるということをひしひしと感じました。自分なりの新しい働き方を模索していきたいと思います。

 

関連記事

  1. これ読んでみた

    これで本当に71歳?体内年齢28歳を実現させた46のレシピ!

    脳内革命などのシリーズが600万部を突破したことでも知られる春山茂雄先…

  2. これ読んでみた

    アトピー・花粉症・不妊症、食事で体質はここまで変わる「これを食べれば医者はいらない」

    30年以上にわたって日本人にとっての正しい食事について研究・実践を続け…

  3. これ読んでみた

    交感神経と副交感神経のバランスを整えれば病気になりにくくなる「なぜ「これ」は健康にいいのか?」

    順天堂大学医学部教授で律神経研究の第一人者小林 弘幸さんの「なぜ「これ…

  4. これ読んでみた

    自営業は身体が資本!30代になったら始めておきたいカラダへの投資「カラダマネジメント術」

    レバレッジシリーズでお馴染みの本田直之さんが書いた健康管理本「カラダマ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリー

フリーランスのための身体マネジメント特集

丸刈りハック

  1. ニュース

    ソフトバンクが契約更新月をメールで知らせてくれるサービスを開始!2013年8月分…
  2. これ買ってみた

    シンプルだがそれがいい!夜道での存在感がバツグンになる自転車用リアライト「キャッ…
  3. これ読んでみた

    自分の中にいる「名医」を呼び覚ませ!「9割の病気は自分で治せる」
  4. これ読んでみた

    今話題のユーグレナで食糧問題や環境問題は解決するのか?「僕はミドリムシで世界を救…
  5. ワードプレス

    Chromeでスマホやガラケーなどの動作が確認できる拡張機能「FireMobil…
PAGE TOP