これ読んでみた

今までの「ビジネスモデル」に縛られる人は、急激に「化石化」していく:「新しい働き方」ができる人の時代

元yahooの副社長であるセス・ゴーディン氏の著書「Linchpin」を神田昌典さんが監訳した本「「新しい働き方」ができる人の時代」を読んでみました。「前時代の働き方」が終わり、「自由な発想」で「個性を全開」にして働くことの大切さが語られています。

 

「成功者のルール」は大きく変わった

(中略)自分が今現在、どんな地位・職責にいようとも、「あなたが絶対に必要不可欠だ」といわれるような人材にならなければなりません。

もはや言われた通りに仕事をして、給料を得るために働く時代は終わりを迎えていると著者は言います。「必要不可欠な人材」になるためにまずできることは、「変わろうと」思うこと。安定にしがみつくということがリスクになることを自覚する必要があります。

これから絶対求められる「働き方3.0」

アーティストのように才能を全開にして働くこと(中略)。「アーティスト」とは、「豊かな発想をもち、既存の枠にとらわれず、自由に、新しい価値を生み出していける人」

「かなめ」「必要不可欠な人」になることは、経営者やビジネスパーソン、フリーランサーであろうと絶対に必要なことです。つまり、 替えのきかない存在になっていくことの重要性を説いています。逆を言えば、いくらでもかえがきく人は要注意。

現在、大きな価値をもっているのは、知識にもとづいて優れた判断ができる人

ネットが普及した今、情報には誰にでも簡単にアクセスできるようになりました。そのため情報自体にはそれほど価値はなくなってきています。取得した情報をいかに活用できるのか、知識より知恵が求められています。

何かをしようとしたときに抵抗や恐怖、疑念がわいてきたら、やる価値がある証拠

新しいことにチャレンジするときには「抵抗」や「恐怖」などが常につきまとうものです。しかし、それは良い兆候であるという考え方を持つことが出来れば、あきらめて何もしないという選択肢は少なくなるのではないでしょうか。

まとめ

これからは「いままで通りで良い」という考え方は全く通用しない時代がやってくるということをひしひしと感じました。自分なりの新しい働き方を模索していきたいと思います。

 

関連記事

  1. これ読んでみた

    どの家庭にもありそうな危険度の高い添加物を使った食品5選「加工食品の危険度調べました」

    科学ジャーナリストである渡辺雄二さんの著書「加工食品の危険度調べました…

  2. これ読んでみた

    顔の運動不足解消!顔面の筋トレ「フェイス・ビルダー for Men」

    顔の57の「表情筋」を鍛えて、生気とハリを取り戻し、より良い人生を過ご…

  3. これ読んでみた

    副業ではなく複業を目指せ:25歳からのひとりコングロマリットという働き方

    「25歳からのひとりコングロマリットという働き方 ~仕事も肩書きもひと…

  4. これ読んでみた

    目を覚ませ!会社や組織に雇われずに働く方法はいくらでもある:「就職しない生き方」

    「就職しない生き方」を選んだ10人の体験談をインタビュー形式でまとめた…

  5. これ読んでみた

    体を騙して成長ホルモンが約290倍に上昇!「加圧トレーニングの奇跡」

    加圧トレーニングがどんなものか興味があったので、「加圧トレーニングの奇…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリー

フリーランスのための身体マネジメント特集

丸刈りハック

  1. トレーニング

    スマホを高機能のサイコンに出来る自転車乗り専用のGPS計測アプリ「Runtast…
  2. これ読んでみた

    史上最高のセミナー:9人の億万長者のセミナーが1冊の本に凝縮!
  3. Webサービス

    無料なのに容量無制限(1ファイル2Gまで) で利用できるファイル転送サービス「G…
  4. まとめ

    ソー活時代の新自己PR術!その他大勢から抜け出すセルフブランディングサイト まと…
  5. これ読んでみた

    誰でも起業できるが誰もが起業するべきではない:「起業のルール」
PAGE TOP