これ読んでみた

その体調不良は水分の過剰摂取が原因かも!「水分の摂りすぎ」は今すぐやめなさい

健康に対する意識が高い人ほど注意が必要かも!水分の過剰摂取が原因で、様々な病気の原因となることをご存知でしょうか?

水分を必要以上に摂取すると冷えの原因となり、水太りや内蔵への負担が増加して発病につながる恐れもあるようです。「水分の摂りすぎ」は今すぐやめなさい―細胞が元気になる根本治療法という本に詳しい解説が載っていました。

はじめに

1章 今、摂ったその「水分」が、冷えと痛みを作っている!

2章 その病気・症状は「水分の摂り方」しだいで根本から解決!

3章 体から「悪い水分」を完全に追い出す食べ方・暮らし方

4章 こんなに「水」を減らしてもいいの?あなたの疑問と不安に全部お答えします

5章 「水はけのいい体」になったら治った!さあ、今度はあなたの番!

この本の中から、いくつか気になったものをピックアップして紹介したいと思います。

水分を摂れば血液サラサラは大間違い!

血液をサラサラにするために水分補給をしっかりと実行している人もいると思います。ただ、何事も「過ぎたるは及ばざるがごとし」。

水を過剰に摂取すると、余分な水分が体内に溜まってしまって冷えや痛みの原因にもなるそうです。体にとって必要な水も必要以上に摂り過ぎると毒になることを覚えておきたいところです。

「水分の摂りすぎ」が、こんな病気を起こしている

水分の摂りすぎが原因で引き起こされる病気としては、「糖尿病」「高脂血症」「高血圧」「肝炎」「黄疸(おうだん)」「胆石」「息切れ」「リウマチ」「めまい」「むくみ」「アレルギー」など様々なものが挙げられています。

まあ、病気の原因は1つだけとは限りませんが、水を意識して摂るようになってから体調がすぐれなくなったという人は、水を減らしてみるのも良いかもしれません。

水分過多→冷え(体温低下)がなぜ危ないのか

体温が1度上昇すると、脈が増加し、代謝が12%アップして病気を治そうとするメカニズムが働きます。ただ、水分を過剰に摂り過ぎて体温が下がっている状態だと、このメカニズムがうまく働かないようです。

まとめ

健康に関しては個人差があり、こうすれば絶対大丈夫というものはありません。

水分補給に関しては摂らなすぎても摂りすぎても 問題が生じます。1~1.5L程度の範囲で、無理なく摂取していくのが良いのではないかと感じました。

関連記事

  1. これ読んでみた

    100歳まで自分の歯を残すために知っておくべき4つの生活習慣

    QOL(クオリティ・オブ・ライフ)において最重要のひとつは、歯の健康と…

  2. これ読んでみた

    アラサー超えたらインナーマッスルを鍛えよ!インテル長友も実践しているKOBA式体幹トレーニング

    アウターマッスルを鍛えるトレーニングから徐々にインナーマッスルを鍛える…

  3. これ読んでみた

    有名な胃腸内視鏡外科医が教えてくれる人生を太く長く生きる方法「病気にならない生き方」

    有名な胃腸内視鏡外科医が教える、太く長く生きる方法が書かれた1冊「病気…

  4. これ読んでみた

    全てのパパママストアに捧ぐ!弱者がしぶとく生き抜くための儲けの戦略:「小さな会社・儲けのルール」

    中小企業コンサルタントの竹田陽一さんと零細企業コンサルタントの栢野克己…

  5. これ読んでみた

    ダイエット後でもリバウンドしない!高城剛流のボディリセット術「BODY RESET 身体の再起動」

    一時期ハイパーメディアクリエイターという肩書きでも有名だった高城剛さん…

  6. これ読んでみた

    健康で、若く、美しい体を手に入れるための3つの条件「空腹が人を健康にする」

    医療・健康系のテレビのレギュラーやコメンテーターとしてすっかり有名にな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリー

フリーランスのための身体マネジメント特集

丸刈りハック

  1. コラム

    群馬に行ったツモリナール!群馬へ旅行した気分になれるアプリ「群馬カメラ」
  2. これ買ってみた

    5時間使用しても電気代たったの3.4円!冬はもう電気敷き毛布なしには生きられない…
  3. Webサービス

    ネットで出し入れ自由のミニトランクルーム。月額200円から始める収納スタイル「m…
  4. トレーニング

    スポーツやアクティビティーに最適なデジタル・アナログ両対応のストップウォッチアプ…
  5. これ買ってみた

    丸刈り男子に捧ぐ!最短1ミリまで刈れるバリカン「パナソニック ER-GC50」が…
PAGE TOP