これ読んでみた

医療の9割は不必要!知らなきゃヤバイ医療の真実/医学不要論

なかなか挑発的なタイトルになっている「医学不要論」という本を読んでみました。

現役の若い医師が書いたものなのですが、かなり興味深い内容になっています。

 はじめに

第一部 医学は必要なのか

第二部 病気にどう対応するか?

エピローグ

おわりに

現代医療は「治す」ではなく「その場しのぎ」

現代医学の基本姿勢は本質的に治すことではなく、その場をしのぐこと。つまり「とりあえず今の苦しさを少しでも緩和できれば良い」「今の状態が改善して、安定した状態になる」ことを目的としています。

「これはこれで別にいいじゃん!」と考えてしまう人は、医療機関のお客さんになっている可能性があります。

最も死亡者数が多い病気は「医原病」

アメリカにおいて医療で最も多い病気であり死因であるものは「医原病」なんだとか。医原病というのは医療行為が原因で生じる様々な悪化状態のこと。

日本におけるデータはないそうですが、アメリカがこのような状況であれば日本同じような状況が推測されます。安易に医療に頼ってしまうと、逆に寿命を縮めることになってしまう危険性があるのかもしれませんね。

医者はガンになったときに抗ガン剤治療をしない

医師の間で知られる有名な逸話に「99%の医者は、自分がガンになったときに抗がん剤治療をしない」というものがあるそうです。

なぜなら現代医学のガン治療がムダであることを知っているためなんだとか。万が一抗がん剤治療の必要に迫られたら、医師に「自分と同じ立場になったら抗がん剤治療するか?」という質問をしてみると良いかもしれません。

もし消化器ガンになったら、こう対応する

著者自身がもし消化器ガンになった時は、ガンの進行状況によって以下のように対応するそうです。

  • ステージ1:手術はしないで保留
  • ステージ2~3:自分が信頼できる外科医に手術を頼む。ただ、術前術後の抗ガン剤、放射線治療は行わない、フォローの薬も飲まない
  • ステージ4:安価で自分の身の丈に合った代替療法をするのみ

まとめ

すべての医療を否定するものではありませんが、それでもやはり不必要なものも多いまた事実なのかもしれません。ただ、医療の問題もさることながら、病院に行けばなんとかなると考えている私たちの方にも問題があるのではないかと思いました。

良くも悪くも医療を見る目が変わる1冊でしたね。

関連記事

  1. これ読んでみた

    後悔しない死を迎えられるように生きるための3つの健康助言「超一流の人の「健康」の極意」

    「人生」においても「健康」においても手遅れなんてものはない。最初のたっ…

  2. これ読んでみた

    体を騙して成長ホルモンが約290倍に上昇!「加圧トレーニングの奇跡」

    加圧トレーニングがどんなものか興味があったので、「加圧トレーニングの奇…

  3. これ読んでみた

    その体調不良は水分の過剰摂取が原因かも!「水分の摂りすぎ」は今すぐやめなさい

    健康に対する意識が高い人ほど注意が必要かも!水分の過剰摂取が原因で、様…

  4. これ読んでみた

    ボケる前に水を飲め!一日1500ccの水分摂取が最高の認知症の予防となる

    「水分を多くとることは、最強のボケ封じとなる」。このようなことを言われ…

  5. これ読んでみた

    基本は食べる順番を守るだけ!炭水化物のドカ食いもOKのダイエット/食べ順爆発ダイエット

    「もてもてナインティナイン」のダイエット企画で有名となったおネェ系フィ…

  6. これ読んでみた

    「食事」「体」「心」の3つの改善で病的老化をストップさせて若返る方法

    アンチエイジング(抗加齢)の専門医である川田浩志さんの「サクセスフルエ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリー

フリーランスのための身体マネジメント特集

丸刈りハック

  1. ニュース

    イケア難民に朗報!IKEAオンラインストアが遂にオープン、配送料は対象エリアなら…
  2. 小ネタ

    GarageBandで音声ファイルの音量を最大(MAX)で保存する方法
  3. これ読んでみた

    有名な胃腸内視鏡外科医が教えてくれる人生を太く長く生きる方法「病気にならない生き…
  4. Webサービス

    Twitterのフォロワーを管理するなら「ManageFlitter」が便利
  5. これ読んでみた

    今までの常識とは違う創傷や火傷の直し方「傷はぜったい消毒するな」
PAGE TOP