これ読んでみた

ボケる前に水を飲め!一日1500ccの水分摂取が最高の認知症の予防となる

「水分を多くとることは、最強のボケ封じとなる」。このようなことを言われて、あなたはどのように感じるだろうか。

そんな簡単なことでボケが治るなら苦労はないと感じる人が大半ではないだろうか。ただ、こちらの「水をたくさん飲めば、ボケは寄りつかない」を読んでみるとその認識はいっぺんするかもしれません。

目次

序章 水分を多くとることは、最強のボケ封じ

第一章 認知症はどういう病気なのか

第二章 水の力が症状を消す

第三章 体調をよくすれば、認知症は治る!

第四章 水分補給で治った実例

第五章 まわりの無理解がボケを悪化させる

第六章 日本の介護はこんなにお粗末

参考文献

人間は1~2%の水が欠乏しただけで意識障害が起こる

年齢に関係なく、体の中にある1~2%の水が欠乏しただけで、意識障害が起こります。65歳以上の高齢者の場合、250~500cc程度の水分が不足しただけで意識がおかしくなる危険性があるんだとか。

実際に、特養の患者に水を十分に飲ませると、認知症の異常な行動が次々と治まっているそうです。

一日1500ccの水を飲む

ボケないためにも高齢者は1日1500ccの水分補給を推奨しています。1日1500ccとうのはかなり多いイメージですが、ただでさえ水分の少ない高齢者は、成人より脱水症を起こしやすくなっているのでこのくらいの量が必要になってきます。

ただし、飲み物は水に限定する必要はなく、お茶やコーヒー、紅茶・ジュース、コーラなどなんでも良いそうです。

脳の萎縮は正常な老化現象

一般的に認知症は脳の萎縮や脳梗塞が原因と考えられていますが、実はそうではないようです。個人差はあるものの、認知症であっても正常であっても誰でも年をとると脳は縮むし、脳の血管は硬化して詰まります。

著者の持論によると、脳の萎縮と認知症はほとんど関係ないとのこと。

認知症が予防できることは世界的な常識

認知症の予防には運動が効果的のようです。運動と言ってもウォーキングなどのほかにも、料理や家事・洗濯など日常的な活動であっても予防効果があるそうです。

ボケないためにも、できることは自分やる・あるいはやらせるという意識が大切といえそうです。

まとめ

認知症予防というと薬などに頼らざるをえないイメージがありましたが、水がこれほど効果があるとは思いもよりませんでした。水を飲んで意識をしっかりとさせる。意識がしっかりとした状態で適度に運動する。

これだけでボケ予防・改善に効果があるのであれば試してみる価値はあるのではないでしょうか。

関連記事

  1. これ読んでみた

    筋トレを行う際に初心者が気をつけるべき4つのポイント「効く筋トレ効かない筋トレ」

    筋トレ本でお馴染みの石井直方さんの著書「効く筋トレ効かない筋トレ」を読…

  2. これ読んでみた

    どの家庭にもありそうな危険度の高い添加物を使った食品5選「加工食品の危険度調べました」

    科学ジャーナリストである渡辺雄二さんの著書「加工食品の危険度調べました…

  3. これ読んでみた

    カロリー制限よりも糖質制限のすすめ!腹いっぱい食べて楽々痩せる「満腹ダイエット」

    肉や魚、お酒もOK!さらに運動しなくもOK!そんな、ずぼらな人にもおす…

  4. これ読んでみた

    あなたがねこ背になる本当の原因とは?ねこ背は治る!知るだけで体が改善する「4つの意識」

    気がつくとすぐに猫背気味になっていたので、どうにか治したいと思い、「ね…

  5. これ読んでみた

    ちょっとしたコツで楽になる!長時間のデスクワークでも疲れないですむ4つの方法

    「パソコンで疲れる、人に会うのが疲れる、寝ても疲れが取れない人へ。藤本…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリー

フリーランスのための身体マネジメント特集

丸刈りハック

  1. コラム

    群馬に行ったツモリナール!群馬へ旅行した気分になれるアプリ「群馬カメラ」
  2. これ読んでみた

    「血液」「リンパ液」「脳脊髄液」の流れを良くして健康な身体を手に入れろ/「3つの…
  3. これ読んでみた

    30歳を超えたら毎年1%ずつ筋肉が減少!中高年にこそ必要な筋トレダイエット「一生…
  4. これ読んでみた

    ダイエット後でもリバウンドしない!高城剛流のボディリセット術「BODY RESE…
  5. スキル売買

    声優さん必見!自宅から簡単にオーディションに応募可能なサービス「Voip!」
PAGE TOP