小ネタ

万が一に備えてiPhoneのバックアップをiTunes【12.6】で取る方法

iPhoneのバックアップをiTunesで取る方法について紹介したいと思います。今回のバックアップを作成した環境はiTunes【12.6】、PCはMacBook Proを使用しています。

PCとiPhoneをつなげてiTunesを起動させる

まずはじめに、PCとiPhoneをつなげてiTunesを起動させます。iTunesの左上部にiPhoneアイコンが現れるのでクリックします。

バックアップを実行する

設定に関する概要が表示されるので、バックアップ項目にある「自動的にバックアップ」から「このコンピュータ」を選択します。選択マークが表示されたことを確認したら、「今すぐバックアップ」をクリックします。

バックアップが完了するまで待つ

バックアップが開始されるので、完了するまでしばらく待ちます。

 

完了すると「最新のバックアップ」の日付が更新されるので確認しておきましょう。iPhoneのバックアップの取得は以上で完了となります。

 

念のためiTunesの環境設定で確認

iPhoneのバックアップデータはいつでもiTuneの環境設定→デバイスから確認することができます。

念のためこちらにきちんとデバイス名と時間が表示されているか確認しておくとよいでしょう。※バックアップを更新したので、時間が更新されています。

まとめ

バックアップを取るというと結構面倒くさいというイメージが湧いてしまいますが、iTunesを利用すれば驚くほど簡単にできてしまいます。今回はMacで行いましたが、Windows PCでも大差はありません。

万が一に備えてこまめにバックアップは取得しておきたいものですね。

 

関連記事

  1. 小ネタ

    もう測定アプリは不要!Google検索でインターネットの速度が計測可能になった

    なんでも教えてくれるGoogle先生。普段からいろいろお世話になってい…

  2. 小ネタ

    GarageBandで音声ファイルの音量を最大(MAX)で保存する方法

    アプリなどの作成する際にウェブサイトなどで無料で提供されている効果音を…

  3. 小ネタ

    エックスサーバーなら独自SSLの設定が無料!無制限で利用できるので早速ドメインをHTTPS化してみた…

    エックスサーバーの独自SSLの設定が無料になったので早速登録ドメインを…

  4. 小ネタ

    iOS 11の隠れた便利機能!「メモ」アプリに追加された書類スキャンが使える

    iPhoneをiOS 11にアップデートしてからちょこちょこ機能をいじ…

  5. 小ネタ

    Macログイン時に任意のアプリを自動で開く(起動させる)方法

    Macを起動させるとき、同時に指定のアプリを自動で起動させたと思ったこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリー

フリーランスのための身体マネジメント特集

丸刈りハック

  1. Webサービス

    有名大学の講義を誰でも無料で受けられる!オンライン大学「Coursera(コーセ…
  2. アフィリエイト

    迷ったらココ選んどけ!アフィリエイターが選ぶ2012年のベストASPランキング
  3. これ読んでみた

    ガンの治療法を誤らないための3つのポイント「ガンは5年以内に日本から消える!」
  4. Webサービス

    リブセンスお馴染みのお祝い金制度もあり!250万件以上の賃貸物件を掲載している賃…
  5. これ読んでみた

    個人事業主なら知っておきたい税金の知識「フリーランスを代表して申告と節税について…
PAGE TOP