これ読んでみた

個人事業主・フリーランスのための節税入門!領収書を経費にするために憶えておくべきたった1つのこと

個人事業や自営業、フリーランスをやっている人なら誰もが一度は直面する税金や確定申告の問題。その中で、もっとも身近なものの1つとしてあるのが「これは経費で落ちるのか?落ちないのか?」という疑問。

節税といえば聞こえはいいかもしれませんが、一歩間違えれば脱税していると疑われかねません。「領収書はすべて経費で落ちる」なんてどっかで聞いたような言葉を信じてすべて経費としていたら一発アウトです。

そのような中、「経費で落ちるレシート・落ちないレシート」という本の中で、あらゆる領収書を経費で落とすための重要な条件について解説されていたのでシェアしたいと思います。経費の計上で迷ったときは、これを憶えておけば迷うことはほとんどなくなると思います。

 

領収書(レシート)を経費にするためには、この重要な「条件」を満たせ!

領収書を経費にするための最大のカギとなるのが「仕事に使われたかどうか」にあります。その経費を使って仕事をしていることが証明できれば、「必要経費」としてすべて経費で落とすことが可能になっています。

つまり税務署に指摘された場合、納税者である私たちが仕事で使ったことを立証できなければいけないということです。これをクリアしてはじめて経費として認められるというわけです。ただし、立証する方法は、職種や業種、規模などによってケース・バイ・ケースなので注意が必要です。このようなところが税金が一筋縄ではいかないところなんですよね。

ちなみに必ず領収書やレシートがないと経費に計上できないというわけではなく、「クレジットカードの明細書」やネットショップから送られてくる「取引内容確認のメール」、「取引画面のプリントアウト」も領収書の代わりになるそうです。合わせて覚えておくとよいでしょう。

まとめ

税金なんてできる限り支払いたくないと思うのが人情です。ただし、個人事業やフリーランスにとっては節税も大切ですが、それと同じくらい「収入」を証明することが大切になってきます。会社という後ろ盾がないので、社会的信用も低くなってしまいがちになるというのが現実です。

あまり節税ばかりに力を入れすぎると、いざというときに銀行から借り入れができなかったり、住宅ローンなども組めなくなってしまうので注意したいところですね。

 

関連記事

  1. これ読んでみた

    自営業は身体が資本!30代になったら始めておきたいカラダへの投資「カラダマネジメント術」

    レバレッジシリーズでお馴染みの本田直之さんが書いた健康管理本「カラダマ…

  2. これ読んでみた

    交感神経と副交感神経のバランスを整えれば病気になりにくくなる「なぜ「これ」は健康にいいのか?」

    順天堂大学医学部教授で律神経研究の第一人者小林 弘幸さんの「なぜ「これ…

  3. これ読んでみた

    素人でも実践できる!失敗しない中古車選びのポイント・見分け方

    所有している車の車検が近づいてきて、このままあと2年乗り続けるか、違う…

  4. これ読んでみた

    誰もが知りたくなる20歳若返るアンチエイジング術「50歳を超えても30代に見える生き方」

    今ではすっかりテレビや雑誌などで有名になったナグモクリニック院長の南雲…

  5. これ読んでみた

    副業ではなく複業を目指せ:25歳からのひとりコングロマリットという働き方

    「25歳からのひとりコングロマリットという働き方 ~仕事も肩書きもひと…

  6. これ読んでみた

    なんとなく身体の調子が悪いという人は要注意!現代人が陥りやすいミネラル不足とは?

    「食事でかかる新型栄養失調」という本を読んでみました。この本で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリー

フリーランスのための身体マネジメント特集

丸刈りハック

  1. これ買ってみた

    切れ味が良いのは当たり前!鼻毛カッターも吸引力の時代へ/Panasonic エチ…
  2. これ読んでみた

    安さ、手軽さ、便利さ、毒性、食品添加物の光と影を暴く「食品の裏側」
  3. これ読んでみた

    健康オタクの高城剛がおすすめする世界最古の医学「アーユルヴェーダ」
  4. これ読んでみた

    「血液」「リンパ液」「脳脊髄液」の流れを良くして健康な身体を手に入れろ/「3つの…
  5. Webサービス

    低料金でも高品質を実現したオンライン翻訳サービス「Gengo」
PAGE TOP