プログラミング

AdMob広告をAppストア登録する前にアプリに実装する方法

自分で開発したアプリに広告を表示したいときになにかとお世話になりるのがGoogleが提供しているAdMob広告です。このAdMob広告ですが、アプリストアに登録する前にアプリに組み込むこともできるので紹介したいと思います。

アプリを手動で追加する

まずは、AdMobアカウントにログインします。

https://apps.admob.com/

 

ヘッダーに表示されているメニューから「収益化」のタブを選択します。「新しいアプリを収益化」というボタンが表示されるので押下します。

 

 

新しいアプリの収益化という画面に移行します。はじめに「アプリを選択する」項目が表示されるので「アプリを手動で追加」を選択します。これを選択することにより、アプリストアに登録していないアプリもAdMobの設定が行えるようになります。

ちなみに既にアプリストアに登録している場合は、「アプリを検索」を選択することになります。

 

アプリ名の記入およびプラットフォーム(AndroidまたはiOS)の選択を行います。

後は、広告フォーマット(バナー広告やインタースティシャル広告など)を選択して、広告ユニットのIDを取得すれば完了となります。取得したIDをもとに、AndroidまたはiOSアプリにAdMobを組み込めばOKです。

 

アプリストア登録後はリンクを手動で設定する

アプリをアプリストアで公開した後は、手動でリンクを設定するようにしましょう。AdMobのアプリリストから該当アプリを探して「アプリのリンク設定」をクリック。

アプリ名や開発者名を入力して「検索」をクリック。検索結果から該当アプリを見つけて選択すると完了です。ただし、ストア登録して1週間くらいしないと検索結果に表示されない場合もあるので注意が必要です。

まとめ

まあ、知っていればなんてことはないのですが、私ははじめこの方法を知らず、ストア登録してからAdMobをアプリに実装していました。

特別な理由がない場合ははじめから広告は組み込んでおいたほうが無難です。途中から広告表示を追加するとアプリのレビューが荒れることがあるので注意したいところです。

 

関連記事

  1. プログラミング

    Xcode 9にてimageViewに設定した画像が表示されない時の対処法

    既存のアプリをXcode 9.0を使ってバージョンアップさせようとして…

  2. プログラミング

    Macでファイルの差分をサクッと確認したい時に便利!Xcode付属のファイル比較ソフト「FileMe…

    Macで使えるファイルの差分をサクッと確認したい時に便利なファイル比較…

  3. プログラミング

    開発したiPhoneアプリの累計ダウンロード数が30万を突破!コツコツと収益も増加中

    久しぶりにアプリのダウンロード数を確認したらいつの間にか累計ダウンロー…

  4. プログラミング

    appiraterを使っているアプリ開発者は要確認!iOS11からApple公式のAPIを使用しない…

    appiraterを使ってユーザーにレビュー依頼をしているアプリ開発者…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリー

フリーランスのための身体マネジメント特集

丸刈りハック

  1. これ読んでみた

    歯科医選びで失敗しないために知っておくべき10のポイント
  2. これ読んでみた

    市川海老蔵がお薦めする一冊「成功の実現」中村 天風/WBSのスミスの本棚
  3. これ読んでみた

    iPhoneアプリ設計の極意/iPhoneアプリ開発者が押させておきたいインター…
  4. Webサービス

    ヤマダ電機がブランド品宅配買取サービス「ヤマダ買取」を開始。ヤマダポイントも付く…
  5. Webサービス

    アメブロ削除!もはや無料の集客装置として期待してはいけない
PAGE TOP