小ネタ

Macログイン時に任意のアプリを自動で開く(起動させる)方法

Macを起動させるとき、同時に指定のアプリを自動で起動させたと思ったことはありませんか?

設定から簡単に指定できるのですが、たまにしかいじらない項目なのでど忘れしてしまうことが多々あったので、備忘録として残しておくことにします。

ちなみに確認時のOSバージョンは、macOS High Sierra 10.13.4です。

自動でアプリを起動させる設定

まずはメニュー「システム環境設定」から「ユーザとグループ」を選択します。

 

「ユーザとグループ」の設定画面が表示されるので、ユーザの指定を行います。また、「パスワード/ログイン項目」のタブが選択できるようになっているので、「ログイン項目」を選択します。

ログイン項目を選択すると、自動的に開くアプリの一覧が表示されます。「+」ボタンを選択すると新しいアプリを追加することができます。「−」ボタンを選択すると自動的に開くアプリが削除されます。

 

 

「+」ボタンをタップするとアプリケーション追加するメニューが表示されます。任意のアプリを指定して「追加」ボタンを選択すれば完了です。

 

まとめ

毎回ログインのたびに手動でアプリを起動させているものがあるなら、自動で起動させてしまったほうが効率がよくなります。

数秒程度の違いですが、毎日積もっていけば少なくない時間が節約できるようにります。設定方法も簡単なのでサクッとやっておきましょう!

関連記事

  1. 小ネタ

    iOS 11の隠れた便利機能!「メモ」アプリに追加された書類スキャンが使える

    iPhoneをiOS 11にアップデートしてからちょこちょこ機能をいじ…

  2. 小ネタ

    iPhoneでビデオ・動画を削除する方法

    iPhoneでビデオや動画を削除するとき迷ったことはありませんか?ここ…

  3. 小ネタ

    エックスサーバーなら独自SSLの設定が無料!無制限で利用できるので早速ドメインをHTTPS化してみた…

    エックスサーバーの独自SSLの設定が無料になったので早速登録ドメインを…

  4. 小ネタ

    Youtubeの動画を倍速再生して視聴時間を短縮する方法

    Youtubeの動画を倍速再生して視聴時間を短縮する方法をご存知でしょ…

  5. 小ネタ

    GarageBandで音声ファイルの音量を最大(MAX)で保存する方法

    アプリなどの作成する際にウェブサイトなどで無料で提供されている効果音を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリー

フリーランスのための身体マネジメント特集

丸刈りハック

  1. Webサービス

    Zenbackで新規ブログを追加できなかった時の話
  2. Webサービス

    無料なのに容量無制限(1ファイル2Gまで) で利用できるファイル転送サービス「G…
  3. これ読んでみた

    その体調不良は水分の過剰摂取が原因かも!「水分の摂りすぎ」は今すぐやめなさい
  4. これ読んでみた

    健康で、若く、美しい体を手に入れるための3つの条件「空腹が人を健康にする」
  5. これ買ってみた

    丸刈り男子に捧ぐ!最短1ミリまで刈れるバリカン「パナソニック ER-GC50」が…
PAGE TOP