これ読んでみた

ビジネス書を効率的・戦略的に読むなら「速読」より「多読」:「レバレッジ・リーディング」

ビジネス書の読み方に一石を投じた、本田直之さんによるレバレッジシリーズの原点「レバレッジ・リーディング」を読んでみました。

読書法と言えば文章を速く読むための「速読」が有名ですが、こちらの本の中では「多読」というコンセプトの読書法が紹介されています。多読は基本的にはビジネス書に関する読書術になっていますが、他の分野の本にも十分応用可能な方法で、なかなか興味深い内容になっています。

 

ここではいくつか気になった箇所についてピックアップして紹介したいと思います。

「本を読む時間がない」という言い訳をしない

「本を読む時間がない」はただの言い訳。「本を読まないから時間がない」

かなり耳の痛い言葉ですね。確かに成功者のノウハウを知っていれば、効率良く仕事ができる可能性は高まりますし、不必要な失敗も回避できることもあるでしょう。本の代金1,500円程度で先人たちの知恵が拝借できるなら使わない手はないですね。

 

同じ分野の本を複数冊読んで傾向をつかむ

同じテーマのものを5冊読めば、その項目について自分なりの原理原則が見えてくる

1冊の本だけに頼るとその著者のバイアスに依存してしまうことになります。10冊とかだとちょっと厳しいかなと感じますが5冊程度ならなんとかなりそうです。複数の著者の意見が一致したら、それは信頼できる情報あるいは本質的な原則と言って良いのかもしれません。

 

経験型の本から学べ

学者や研究者が書いた「教養型」の本よりも、著者が自分の経験から得たノウハウを述べた「経験型」の本を選ぶ

これはちょっと意見が分かれるところかなと思います。ただ自分の場合、過去の本を振り返ってみると、確かに「教養型」よりも「経験型」の本の方が役に立ったことが多いかなという感じがします。

 

良書以外は読み返す必要はなし

基本的に1度読んだ本は、よほどの良書でない限り、読み返さない

読んだ本の重要ポイントをメモっておいて、テキストファイルなどに保存する。そのテキストファイルをクラウドサービスに保存して、PCやスマホなどで閲覧できるようにする。そうすることにより、良書以外の本は手元に残して置く必要がなく本棚もすっきりします。

 

まとめ

一般的な本は、スキマ時間にスマホから重要なポイントだけを読み返す。良書は本棚に残しておいていつでも読めるようにしておく。このような読書スタイルがこの本を読んでから確立しました。

ポイントはこの本の中でも紹介されている自分だけの「究極の本」を作成すること。自分にとって役立つ情報をまとめておき必要に応じて何度でも繰り返し目を通す。繰り返し重要な部分を頭にインプットしておくことで、いざという時にその情報がフックとなり知識や知恵として役立てることができるようになりたいものです。

 

関連記事

  1. これ読んでみた

    グローバル時代の職業マップ!10年後でも食っていける職業の選び方

    これから就活する学生や仕事を変えたいと考えている人に参考になりそうな一…

  2. これ読んでみた

    あなたがねこ背になる本当の原因とは?ねこ背は治る!知るだけで体が改善する「4つの意識」

    気がつくとすぐに猫背気味になっていたので、どうにか治したいと思い、「ね…

  3. これ読んでみた

    癌が見つかったからといって慌てて治療を始めるな「がん放置療法のすすめ」

    乳房温存治療法のパイオニアとして知られている近藤誠さんの著書「がん放置…

  4. これ読んでみた

    誰もが知りたくなる20歳若返るアンチエイジング術「50歳を超えても30代に見える生き方」

    今ではすっかりテレビや雑誌などで有名になったナグモクリニック院長の南雲…

  5. これ読んでみた

    なんとなく身体の調子が悪いという人は要注意!現代人が陥りやすいミネラル不足とは?

    「食事でかかる新型栄養失調」という本を読んでみました。この本で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリー

フリーランスのための身体マネジメント特集

丸刈りハック

  1. コラム

    ソフトバンクiPhone4S専用のSIMロック解除アダプタ Smartking/…
  2. 税務・確定申告

    サラリーマン・OLの副業対策!会社にばれずに確定申告をする方法
  3. 小ネタ

    Macの画像編集アプリ「Pixelmator」を使って画像にモザイク・ぼかしをか…
  4. 小ネタ

    サイクルコンピュータアプリ Runtastic Road Bike PROで自分…
  5. これ読んでみた

    iPhoneアプリ設計の極意/iPhoneアプリ開発者が押させておきたいインター…
PAGE TOP