これ読んでみた

ビジネス書を効率的・戦略的に読むなら「速読」より「多読」:「レバレッジ・リーディング」

ビジネス書の読み方に一石を投じた、本田直之さんによるレバレッジシリーズの原点「レバレッジ・リーディング」を読んでみました。

読書法と言えば文章を速く読むための「速読」が有名ですが、こちらの本の中では「多読」というコンセプトの読書法が紹介されています。多読は基本的にはビジネス書に関する読書術になっていますが、他の分野の本にも十分応用可能な方法で、なかなか興味深い内容になっています。

 

ここではいくつか気になった箇所についてピックアップして紹介したいと思います。

「本を読む時間がない」という言い訳をしない

「本を読む時間がない」はただの言い訳。「本を読まないから時間がない」

かなり耳の痛い言葉ですね。確かに成功者のノウハウを知っていれば、効率良く仕事ができる可能性は高まりますし、不必要な失敗も回避できることもあるでしょう。本の代金1,500円程度で先人たちの知恵が拝借できるなら使わない手はないですね。

 

同じ分野の本を複数冊読んで傾向をつかむ

同じテーマのものを5冊読めば、その項目について自分なりの原理原則が見えてくる

1冊の本だけに頼るとその著者のバイアスに依存してしまうことになります。10冊とかだとちょっと厳しいかなと感じますが5冊程度ならなんとかなりそうです。複数の著者の意見が一致したら、それは信頼できる情報あるいは本質的な原則と言って良いのかもしれません。

 

経験型の本から学べ

学者や研究者が書いた「教養型」の本よりも、著者が自分の経験から得たノウハウを述べた「経験型」の本を選ぶ

これはちょっと意見が分かれるところかなと思います。ただ自分の場合、過去の本を振り返ってみると、確かに「教養型」よりも「経験型」の本の方が役に立ったことが多いかなという感じがします。

 

良書以外は読み返す必要はなし

基本的に1度読んだ本は、よほどの良書でない限り、読み返さない

読んだ本の重要ポイントをメモっておいて、テキストファイルなどに保存する。そのテキストファイルをクラウドサービスに保存して、PCやスマホなどで閲覧できるようにする。そうすることにより、良書以外の本は手元に残して置く必要がなく本棚もすっきりします。

 

まとめ

一般的な本は、スキマ時間にスマホから重要なポイントだけを読み返す。良書は本棚に残しておいていつでも読めるようにしておく。このような読書スタイルがこの本を読んでから確立しました。

ポイントはこの本の中でも紹介されている自分だけの「究極の本」を作成すること。自分にとって役立つ情報をまとめておき必要に応じて何度でも繰り返し目を通す。繰り返し重要な部分を頭にインプットしておくことで、いざという時にその情報がフックとなり知識や知恵として役立てることができるようになりたいものです。

 

関連記事

  1. これ読んでみた

    ストレングスファインダーで自分の5つの強みをあぶり出す:さあ、才能(じぶん)に目覚めよう

    自己分析のド定番「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強み…

  2. これ読んでみた

    副業ではなく複業を目指せ:25歳からのひとりコングロマリットという働き方

    「25歳からのひとりコングロマリットという働き方 ~仕事も肩書きもひと…

  3. これ読んでみた

    顔の運動不足解消!顔面の筋トレ「フェイス・ビルダー for Men」

    顔の57の「表情筋」を鍛えて、生気とハリを取り戻し、より良い人生を過ご…

  4. これ読んでみた

    なりたくなかったはずの大人にならないために20代で捨てるべきこと

    四角大輔さんの「自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと」を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリー

フリーランスのための身体マネジメント特集

丸刈りハック

  1. これ読んでみた

    史上最高のセミナー:9人の億万長者のセミナーが1冊の本に凝縮!
  2. ワードプレス

    WordPressで「続きを読む」をページTOPから読めるように変更するプラグイ…
  3. ワードプレス

    WordPressでテーマを編集することなく簡単に「Zenback」を設置できる…
  4. 小ネタ

    iOS 11にアップデートしたら真っ先に確認しておくべき設定
  5. トレーニング

    加速度センサーを使ってスクワットの回数を自動カウントしてくれるアプリ「Runta…
PAGE TOP