これ読んでみた

誰もが知りたくなる20歳若返るアンチエイジング術「50歳を超えても30代に見える生き方」

今ではすっかりテレビや雑誌などで有名になったナグモクリニック院長の南雲吉則医師が書いた「50歳を超えても30代に見える生き方 人生100年計画の工程表」を読んでみました。

テレビや雑誌で拝見する限り、やっぱり年齢より若く見えますよね~。ぜひともその秘訣にあやかりたいものです。

生活習慣と寿命の意外な関係

生活習慣と寿命の関係で興味深いデータが挙げられていました。喫煙(1パック/1日)で約6年、35%の体重増加で約6年寿命が縮むということは分かるような気がするのですが、独身(男性)で約8年、独身(女性)で約4年も寿命が縮むそうです。

寿命っていろいろな要因で縮んだりするもんなんですね。

入院の目的は不摂生から切り離すこと

私たちの多くは、病院や医者や薬が病気を治してくれると思っていると思いますが、どうやらそれは違うようです。

入院の目的は不摂生から切り離すこと。入院して規則正しい生活を強制することにより、人間が本来持っている免疫力を高めて自己治癒させるという目的があるのだそうです。

甘いもの取り過ぎに要注意

ケーキやお菓子など甘いモノを食べて血糖値が上がっているときには、タバコ4本分血管が傷ついているそうです。口の中で味を楽しんでいる時はハッピーですけど、体には相当負担が掛かっているみたいですね。

甘いもの好きの私にとってはちょっと辛い現実です。これからは砂糖を摂る場合には、質と量に注意していきたいと思います。

これは意外!免疫を高め過ぎてはダメ

免疫を高め過ぎると本来無害であるはずのモノに対しても過剰反応してしまい攻撃してしまうようになります。その結果、花粉症や喘息、アトピーなどを引き起こす原因となるようです。

菌やウィルスとも仲良く共生していけるような、免疫がほどほどに働いている状態が理想的。そのためには、子供の頃から自然と触れ合ったりする機会を持つことが大切だそうです。

南雲流の若さを保つ秘訣が満載

その他にも、

  • 人間の体を同じ組織の生き物をまるごと食べる
  • 誰でも実践できる花粉症の撃退法
  • 腹六分目が健康長寿の秘訣
  • アンチエイジングの秘薬「ゴボウ茶」のつくり方
  • 「夜10時から夜中の2時」が睡眠のゴールデンタイム

などなど南雲流の若さを支える秘訣が満載になっています。早速いくつか生活に取り入れていこうと思います。

 

関連記事

  1. これ読んでみた

    「やればできる!」の研究。能力や才能は生まれつきではないことを20年間の調査で実証

    スタンフォード大学心理学の教授が能力や才能は生まれつきではないことを2…

  2. これ読んでみた

    「体にいいこと、全部試した男」の5つの食事アドバイス

    体にいいことを全部試したと豪語するA.J. ジェイコブズ著の「健康男 …

  3. これ読んでみた

    史上最高のセミナー:9人の億万長者のセミナーが1冊の本に凝縮!

    9人の著名な億万長者のセミナーが1冊の本に凝縮された「史上最高のセミナ…

  4. これ読んでみた

    スタンフォードの人気講座から学ぶ!悪い習慣を捨てて健康的な習慣を身に付ける方法

    スタンフォード大学の人気講座を書籍化して世界的にもベストセラーとなった…

  5. これ読んでみた

    誰がやっても失敗しない3つの普遍的なダイエット方法「一生太らない体のつくり方 スロトレ実践編」

    【前回の記事】一生太らない体のつくり方:中高年にこそ必要な筋トレダイエ…

  6. これ読んでみた

    医療の現場でも実証済み!作業療法士が教える睡眠の質がおもしろいほど上がる3つの法則

    睡眠は一日の内で1/3程度を占める重要な行為の1つとなっています。ただ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリー

フリーランスのための身体マネジメント特集

丸刈りハック

  1. これ読んでみた

    Objective-Cの絵本/プログラミングの基礎を固めて、徐々にステップアップ…
  2. Webサービス

    見た目を損なうことなくPNG画像を大幅に軽量化してくれるWebサービス「Tiny…
  3. アフィリエイト

    バリューコマースで複数のサイトを登録している人に朗報!2013年11月振込み分か…
  4. 税務・確定申告

    白色申告を行なっている個人事業主は要確認!平成26年1月から記帳・帳簿の保存対象…
  5. これ読んでみた

    その体調不良は水分の過剰摂取が原因かも!「水分の摂りすぎ」は今すぐやめなさい
PAGE TOP