これ読んでみた

自営業は身体が資本!30代になったら始めておきたいカラダへの投資「カラダマネジメント術」

レバレッジシリーズでお馴染みの本田直之さんが書いた健康管理本「カラダマネジメント術」を読んでみました。

30歳以降の忙しいビジネスパーソン向けに、健康の大切や効率よくセルフケアを行なっていく方法が解説されています。

30代からのカラダマネジメントが大切!

20代までは多少無理をしても若さで乗り切れます。ただ、30歳を過ぎてくるとそれまでのような無茶ができなくなります。

厚労省のデータによると30代のの80%は運動をしていないという結果が出ています。運動不足になると動くのが億劫になり、ますます運動しなくなるというスパイラルに陥りやすくなります。

仕事や家庭などでなかなか自由に時間が作れない中で、いかにして効率良くトレーニングをするのかが30代からは求められてきます。30代で習慣化できれば40代になっても体力が維持でき体型もシェイプされるので、30代が踏ん張りどころとのこと。う~ん、確かにそれは言えてるかもしれない。

アウターよりインナーを鍛える

30代からは見かけを良くするアウターマッスルを鍛えるよりも、実質的で使えるカラダ作りに役立つインナーマッスルを鍛えるようにした方が良いみたいです。一度やり方を覚えてしまえば、インナーマッスルを鍛えるのにジムに行く必要はなく、自宅や外で気軽にできるというメリットもあります。

私もアウターマッスルのトレーニングからインナーマッスルトレーニングに比重を移していこうかなと検討しています。アウターマッスルだとケガをする危険も増えてきますからね。

ちなみに、30代からのカラダマネジメントで本田さんおすすめのスポーツはトライアスロンだそうです。本書の中でもかなりトライアスロン押しなので、ちょっと興味を持ってしまいましたね。

自分の体力の現状を知る

大人がトレーニングを始める前に必ずやっておくべきこととして自分の体力の現状を把握しておくことを挙げています。スポーツ科学の発達により、プロのアスリートが測定しているような測定が一般人でも気軽にできるようになっているそうです。

有酸素運動の指標で、最大酸素摂取量(VO2 max)や無酸素性作業閾値(AT)というものがあり、自分の限界を知ることができます。これらを測定しておくとバイクやマラソンのトレーニングを効率的に行うことができるようです。

まとめ

巻末にはカラダマネジメントおすすめ情報として、「本」「グッズ」「コース」「トレーニング方法」などが紹介されています。

30歳以降のビジネスマンで生活習慣を含めたトータルセルフケアに興味がある人には勉強になる1冊ですね。

関連記事

  1. これ読んでみた

    健康で、若く、美しい体を手に入れるための3つの条件「空腹が人を健康にする」

    医療・健康系のテレビのレギュラーやコメンテーターとしてすっかり有名にな…

  2. これ読んでみた

    交感神経と副交感神経のバランスを整えれば病気になりにくくなる「なぜ「これ」は健康にいいのか?」

    順天堂大学医学部教授で律神経研究の第一人者小林 弘幸さんの「なぜ「これ…

  3. これ読んでみた

    ボケる前に水を飲め!一日1500ccの水分摂取が最高の認知症の予防となる

    「水分を多くとることは、最強のボケ封じとなる」。このようなことを言われ…

  4. これ読んでみた

    ガンの治療法を誤らないための3つのポイント「ガンは5年以内に日本から消える!」

    統合医学医師の会の宗像久男さんと小林英男さんが書いた「ガンは5年以内に…

  5. これ読んでみた

    顔の運動不足解消!顔面の筋トレ「フェイス・ビルダー for Men」

    顔の57の「表情筋」を鍛えて、生気とハリを取り戻し、より良い人生を過ご…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリー

フリーランスのための身体マネジメント特集

丸刈りハック

  1. Webサービス

    日本語の住所をサクッと英語表記に変換してくれるサービス「JuDress」
  2. Webサービス

    イタリアン、フレンチ、和食からマクロビ料理までOK!コース料理が3,000円から…
  3. これ読んでみた

    後悔しない死を迎えられるように生きるための3つの健康助言「超一流の人の「健康」の…
  4. Webサービス

    空き駐車場をマッチングするサービス「軒先パーキング」
  5. これ読んでみた

    パーソナルフィットネストレーナーが教えてくれる筋トレで効果的な成果を上げるための…
PAGE TOP