トレーニング

Runtastic Sit-Ups PRO:加速度センサーを利用して腹筋の回数を自動カウントしてくれるアプリ

最近になって腹筋をするときに、iPhoneの加速度センサーを利用して腹筋の回数を自動カウントしてくれるアプリ「Runtastic Sit-Ups PRO」を導入してみました。

自動カウントされた腹筋の回数は統計情報として確認することができるのでなかなか便利になっています。

 

ワークアウトで腹筋開始

腹筋を開始する時に「ワークアウト」タブをクリックして、「トレーニング開始」か「セッション/記録」のいずれかを選択します。「トレーニング開始」では、科学的に証明されたトレーニングプランを基に作成されたセット数が用意されていて、それを消化することになります。

トレーニングプランはレベル1・レベル2・レベル3の3つが用意されていて、設定から変更可能になっています。「セッション/記録」はフリートレーニング用でセット数は決められていません。

このアプリでは加速度センサーを利用して、腹筋を行うたびに残り回数が減っていくようになっています。腹筋を行う際には、弧を描くような感じでやるとセンサーが反応しやすくなります。

 

トレーニング記録の確認

 

「履歴」タブをタップするとこんな感じでトレーニング記録を確認することができます。トレーニング記録は「Facebook」「Twitter」「メール」などで簡単にシェアすることもできます。

獲得バッジ& 設定変更

「Me」タブをタップするとトレーニング回数に応じて獲得したバッジの確認や「設定」を変更することができます。条件に応じてバッジを獲得することができます。腹筋をやるモチベーションに繋がりますね。

「設定」から「音声フィードバック」や「トレーニングプラン」を変更することができます。この記事を執筆時点では「音声フィードバック」は日本語には対応していません。アップデートで対応してくれるとうれしいですね。

まとめ

トレーニングプランではレベルを選択することができます。自分に合ったレベルを選択しましょう。メダルをすべて獲得したい場合はレベル1から順番にやっていくことをおすすめします。

 

腹筋などはどうしても単調なトレーニングになりがちです。このようなアプリを活用して自分のモチベーションを上げるのも1つので手ではないでしょうか。

関連記事

  1. これ読んでみた

    健康マニア水道橋博士の育毛方法、肩こり解消、加圧トレーニング「博士の異常な健康」

    健康マニアとしても知られているお笑いコンビ浅草キッドのメンバーである水…

  2. これ読んでみた

    筋トレを行う際に初心者が気をつけるべき4つのポイント「効く筋トレ効かない筋トレ」

    筋トレ本でお馴染みの石井直方さんの著書「効く筋トレ効かない筋トレ」を読…

  3. これ読んでみた

    誰がやっても失敗しない3つの普遍的なダイエット方法「一生太らない体のつくり方 スロトレ実践編」

    【前回の記事】一生太らない体のつくり方:中高年にこそ必要な筋トレダイエ…

  4. これ読んでみた

    1日10分「クイック→スロー」で眠っている筋肉を覚醒させろ!「体脂肪が落ちるトレーニング」

    出来る限り効率よくトレーニングをしたいのでいろいろ勉強中。今回…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリー

フリーランスのための身体マネジメント特集

丸刈りハック

  1. Webサービス

    Zenbackで新規ブログを追加できなかった時の話
  2. これ読んでみた

    意外とやってしまいがち!あなたを老化させている5つの習慣:老けない人はやめている…
  3. 農業

    本気で農家を目指すなら年間150万円の給付が受けられる「青年就農給付金」を活用し…
  4. コラム

    日本ダイエット健康協会も推奨!食事で摂取したカロリーをサクッと記録できるアプリ「…
  5. Webサービス

    東大のエンジニアが開発した学習する情報収集サービス「Gunosy(グノシー)」を…
PAGE TOP