これ読んでみた

ちょっとしたコツで楽になる!長時間のデスクワークでも疲れないですむ4つの方法

「パソコンで疲れる、人に会うのが疲れる、寝ても疲れが取れない人へ。藤本式「疲れゼロ」のボディーワークの方法!」というキャッチコピーに惹かれて「「疲れない身体」をいっきに手に入れる本」を読んでみました。

ここでは私が知りたかった、長時間のデスクワークでも疲れを寄せ付けない4つの方法について取り上げたいと思います。

 1.視野を広くしてPCの画面を見る

パソコンなどの画面を長時間見ると疲れるということは、視野が狭くなっていることが原因になっています。

そこで、視野を広くしてパソコンを見ることにより疲れを軽減させるという対応策があります。パソコンの画面は見つつも、周辺の空間も見るようにすると良いそうです。

2.「捉える」のではなく「受けとる」

「目を凝らす」ようにパソコンの画面を見ると目を緊張させて、姿勢も前のめりになってしまい疲れる原因となります。

目で情報を捉えようとするのではなく、パソコンから情報を受け取るというイメージでやる。そうすると、目の力が抜けて、自然とリラックスした姿勢になるそうです。

3.目を意識しないで見る

目を意識しないで見るなんて言うとなんだか難しく感じますが、ようするに眼球以外の場所に意識を向けさせることで目の緊張を和らげることを目的としています。

本書では後頭部にある「視覚野」に意識を持っていき、トンボの目になったつもりで見ることをすすめています。

4.タイピングする際に「薄皮一枚入れる」

キーボードを入力する際にどうしても首や肩に力が入り過ぎて、疲れやすい状態になっています。

そこで、タイピングする時に「薄皮一枚入れる」イメージを持ちながらやると、肩や首の力を抜くことができて疲れにくくなります。

まとめ

私の場合、目の疲れを軽減するためにブルーライトをカットするPCメガネを使っています。

PCメガネでも疲れが軽減された感じはするのですが、合わせ技として本書を参考にしてデスクワークの疲れを軽減できるようにしていきたいですね。

 

関連記事

  1. これ読んでみた

    副業ではなく複業を目指せ:25歳からのひとりコングロマリットという働き方

    「25歳からのひとりコングロマリットという働き方 ~仕事も肩書きもひと…

  2. これ読んでみた

    筋トレを行う際に初心者が気をつけるべき4つのポイント「効く筋トレ効かない筋トレ」

    筋トレ本でお馴染みの石井直方さんの著書「効く筋トレ効かない筋トレ」を読…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリー

フリーランスのための身体マネジメント特集

丸刈りハック

  1. これ読んでみた

    歯科医選びで失敗しないために知っておくべき10のポイント
  2. トレーニング

    モチベーション維持にイイ!近接センサーで腕立て伏せの回数を自動カウントしてくれる…
  3. プログラミング

    appiraterを使っているアプリ開発者は要確認!iOS11からApple公式…
  4. 農業

    本気で農家を目指すなら年間150万円の給付が受けられる「青年就農給付金」を活用し…
  5. コラム

    頭の潰れたネジやサビついたネジの取外しならネジザウルスGT PZ-58におまかせ…
PAGE TOP