これ読んでみた

健康マニア水道橋博士の育毛方法、肩こり解消、加圧トレーニング「博士の異常な健康」

健康マニアとしても知られているお笑いコンビ浅草キッドのメンバーである水道橋博士の健康本。

健康関連になるとどうしても胡散臭さが出てしまう部分もありますが、実体験をベースに書かれているのでかなり説得力があります。

「育毛方法」「近視矯正手術」「胎盤エキス」「ファスティング(断食)」「バイオラバー」「加圧トレーニング」について書かれていますが、いくつかピックアップして紹介します。

プロテイン入りのシャンプーで髪が復活

「プロピア プログノ」というプロテイン入りのシャンプーを使ったことにより、髪の毛のツヤとコシが出て抜け毛も減ったそうです。

テレビ局のメイクさんなどにその秘訣について聞かれるようになり、芸能人や政治家からも教えてほしいとメイクさん経由で伝言を頼まれたほど。

しかし、誰にも効果があるわけではなく、毛髪の再生サイクルがないと復活しないようです。ちなみにエガちゃん(江頭2:50)からも相談を受けて、プロピアのカウンセリングに同伴しましたがダメだったようです。

また、博士本人も「プロピア」オンリーで髪が復活した訳ではないことを言及しています。プロピアの効果が高いことは間違いないようですが、他にもいろいろと髪の毛に良いとされる療法を試していたとのこと。

肩こりが解消した魔法の絨毯

博士は深刻な肩こりに悩まされていたようですが、「バイオラバー」という商品を知り合いに紹介されて、半信半疑でためしたところすっかりと良くなったそうです。

バイオラバーの説明がいろいろあったのですが、一言で言うと「人間に最もよい”波長”を放射する装置」のこと。

「そんなに効果があるなら試してみたいな~」と思ったのですが、製造工程や使用素材の問題でコストダウンができず、かなりお高くなっています。

レンタルに対応してくれれば気軽に試せるのですけどね。

世界の先端科学が認めた「非常識」なトレーニング

加圧トレーニングが、ローリスク・ハイリターンの最先端トレーニングとして紹介されています。加圧トレーニングというとプロスポーツ選手などが利用しているイメージがありますがそうではありません。

女性や高齢者、病人などの弱者にも最適なトレーニングとのこと。加圧トレーニングの体験者は男性よりも女性のほうが多いという調査結果も出ています。これはちょっと意外でしたね。

美容や健康に敏感な女性には「アンチエイジング効果が高いトレーニング」として認識されているのかもしれませんね。

まとめ

各章の間に書かれている健康コラムも結構おもしろいです。いくつか試したくなりました。

今から購入するならコチラの文庫本がおすすめです。

関連記事

  1. これ読んでみた

    現役の医師が伝授してくれるインチキ健康法のカモにならないための9つのポイント

    「医師が本当に実践しているツッコミ健康法」という本を読んでみました。こ…

  2. これ読んでみた

    「自分を超える法」:考え方さえ変えればお金は必要ない。自分を超える「5つの法則」とは?

    世界No.1コーチと言われるアンソニー・ロビンズの「史上最年少トレーナ…

  3. これ読んでみた

    人生を後悔しないための健康知識4選/医者が教える 人が死ぬときに後悔する34のリスト

    人は死ぬ時にどんなことを後悔するのか。「医者が教える 人が死ぬときに後…

  4. これ読んでみた

    100歳までボケないために絶対に知っておくべき食事の知恵5選

    「100歳までボケない101の方法 脳とこころのアンチエイジング」とい…

  5. これ読んでみた

    これで本当に71歳?体内年齢28歳を実現させた46のレシピ!

    脳内革命などのシリーズが600万部を突破したことでも知られる春山茂雄先…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリー

フリーランスのための身体マネジメント特集

丸刈りハック

  1. これ読んでみた

    1日10分「クイック→スロー」で眠っている筋肉を覚醒させろ!「体脂肪が落ちるトレ…
  2. これ読んでみた

    これで本当に71歳?体内年齢28歳を実現させた46のレシピ!
  3. これ買ってみた

    パワーサポート トラックパッドフィルム for MacBook PTF-50/ト…
  4. コラム

    ソフトバンクiPhone4S専用のSIMロック解除アダプタ Smartking/…
  5. これ読んでみた

    安さ、手軽さ、便利さ、毒性、食品添加物の光と影を暴く「食品の裏側」
PAGE TOP