これ読んでみた

素人でも実践できる!失敗しない中古車選びのポイント・見分け方

所有している車の車検が近づいてきて、このままあと2年乗り続けるか、違う車に乗り換えるか迷っています。違う車に乗り換える場合、新車ではなく中古車を購入する予定です。

現在住んでいる場所だとレンタカーやシェアカーなどのサービスが近場にないので、やはり車は手放せないんですよね。

ただ自動車にはあまり興味がないので、中古車選びにあまり自信がありません・・。そこで勉強のためこちらの本を読んでみました。

この本はWeb連動型になっています。各ページにあるQRコードやURLからより詳しい写真や情報などを確認できます。

そのため車にあまり詳しくない人でも分かりやすくなっていて助かります。

AA(オートオークション)で仕入れをした中古車には、査定表がある

一般的に中古車販売業者や車買い取り店、ディーラーなどはAA(オートオークション)と呼ばれる市場で車を仕入れています。

AAで仕入れをした中古車には、必ず査定表があるそうです。自分のほしい車の状態が知りたい場合は、その車を売っているお店に、「この車の査定表を見せて下さい」と言いましょう。

査定表の見方は、本に詳しく説明がしてあります。この査定表を確認すれば「走行距離」や「車両の外装状態」「事故の有無」などが分かります。

車の目利きのポイント

車の目利き方法として以下の項目について写真や図で解説されています。

  • 修復歴車の定義
  • 車を前から見た場合の点検箇所
  • 車を後から見た場合の点検箇所
  • 車を橫から見た場合の点検箇所
  • 車内の点検箇所
  • ボンネットを開けての点検箇所
  • トランクを開けての点検箇所
  • ドア周りの点検箇所

 

この項目をチェックするだけでババを引く確率はかなり少なくなりそうです。

また、目利きの経験不足を補うテクニックとして、大きな展示場であれば同じ車種を見比べるという方法をおすすめしています。

お店選びの誤った3つの常識

「お店は、大きくて綺麗な方が安心」「ディーラーなら安心」「知り合いがいるから安心」と思っている人は要注意!

意外な落とし穴があるかもしれません。

まとめ

その他にも「中古車のコンディションチェック」「中古車の相場価格を知る方法」「良いお店、3つの判断方法」など中古車販売業者がお客に知られたくないような情報が載っています。

中古車といえど決して安い買い物ではありません。事前の情報収集はしっかりとしておきたいものですね。

 

関連記事

  1. 節約

    WiMAX「URoad-Home」は固定回線の代替になるのか?ダメもとで試したらまさかの界王拳10倍…

    ネット回線はソフトバンクのホワイトBB(50M)を利用してきたのですが…

  2. これ読んでみた

    100歳までボケないために絶対に知っておくべき食事の知恵5選

    「100歳までボケない101の方法 脳とこころのアンチエイジング」とい…

  3. これ読んでみた

    「自分を超える法」:考え方さえ変えればお金は必要ない。自分を超える「5つの法則」とは?

    世界No.1コーチと言われるアンソニー・ロビンズの「史上最年少トレーナ…

  4. これ読んでみた

    安心で安全な食卓を守るために必要な知識「これなら食べよし!」

    「添加物」「遺伝子組み換え」「残留農薬」「放射能汚染」など食品の安心や…

  5. これ読んでみた

    これで本当に71歳?体内年齢28歳を実現させた46のレシピ!

    脳内革命などのシリーズが600万部を突破したことでも知られる春山茂雄先…

  6. これ読んでみた

    安さ、手軽さ、便利さ、毒性、食品添加物の光と影を暴く「食品の裏側」

    元添加物トップセールスマンが書いた「食品の裏側―みんな大好きな食品添加…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリー

フリーランスのための身体マネジメント特集

丸刈りハック

  1. 決済

    日本発!スマホでクレジット決済ができるサービス「Coiney(コイニー)」
  2. Webサービス

    空き駐車場をマッチングするサービス「軒先パーキング」
  3. 農業

    本気で農家を目指すなら年間150万円の給付が受けられる「青年就農給付金」を活用し…
  4. 節約

    WiMAX「URoad-Home」は固定回線の代替になるのか?ダメもとで試したら…
  5. これ読んでみた

    中年おやじが肉体改造して東京マラソンを完走する方法「筋肉バカの壁」
PAGE TOP