トレーニング

加速度センサーを使ってスクワットの回数を自動カウントしてくれるアプリ「Runtastic Squats PRO」

「腕立て伏せ」「腹筋」に続き、加速度センサーを使ってスクワットの回数を自動カウントしてくれるアプリ「Runtastic Squats PRO」を導入してみました。ランタスティックのトレーニングアプリは、科学的に証明されたトレーニングプランを基に作成されてるようで、目標値の上げ方がうまいんですよね~。

ワークアウトでスクワット開始

 

 

スクワットを開始する時に「ワークアウト」タブをクリックして、「トレーニング開始」か「セッション/記録」のいずれかを選択します。

トレーニングプランはレベル1・レベル2・レベル3の3つが用意されていて、設定から変更可能になっています。「セッション/記録」はフリートレーニング用でセット数は決められていません。

ちなみに、ここではレベル1の最終トレーニングを開始したいと思います。スクワットの回数は20回なので楽勝ですね。「トレーニング開始」をタップしてから、5秒間のインターバルが入ります。iPhoneを手に持ってスタンバイします。

スクワットはiPhoneの加速度センサーによってカウントされていきます。スクワットを行うごとに残り回数がカウントダウンされていきます。記録を更新すると、「ガラスが割れる」感じで演出が入ります。「自分の限界を破れ!」ってことなんでしょうね。終了するとセット数や、時間などの情報が表示されます。レベル1をコンプリートしました。まだまだ楽勝ですね。次はレベル2に挑戦していきたいと思います。

レベル2のスクワットの回数は20~100回の間で調整されているようですね。

トレーニング記録の確認

「履歴」タブをタップすると「レベル」「月」「年」「合計」別にトレーニング記録を確認することができます。「スクワット合計」「合計時間」「1日のスクワット数」「消費カロリー」などもひと目で確認することができます。

獲得バッジ&設定変更

「Me」タブをタップするとトレーニング回数に応じて獲得したバッジの確認や「設定」を変更することができます。「設定」から「音声フィードバック」や「トレーニングプラン」を変更することができます。

この記事を執筆時点では「音声フィードバック」は日本語には対応していません。アップデートで対応してくれるとうれしいですね。

まとめ

トレーニングプランではレベルを選択することができます。自分に合ったレベルを選択しましょう。普段あまり運動をしない人はレベル1から始めるのがおすすめです。

スクワットをする際には記録を付けていなかったのですが、このようなアプリがあるとどのくらいトレーニングをやったか確認できるので便利ですね。アプリの精度もかなり高くなっていて、普通にやっていればスクワットがカウントされないということはありません。

トレーニングにスクワットを取り入れている人は活用してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. これ読んでみた

    筋トレを行う際に初心者が気をつけるべき4つのポイント「効く筋トレ効かない筋トレ」

    筋トレ本でお馴染みの石井直方さんの著書「効く筋トレ効かない筋トレ」を読…

  2. これ読んでみた

    体を騙して成長ホルモンが約290倍に上昇!「加圧トレーニングの奇跡」

    加圧トレーニングがどんなものか興味があったので、「加圧トレーニングの奇…

  3. これ読んでみた

    アラサー超えたらインナーマッスルを鍛えよ!インテル長友も実践しているKOBA式体幹トレーニング

    アウターマッスルを鍛えるトレーニングから徐々にインナーマッスルを鍛える…

  4. これ読んでみた

    中年おやじが肉体改造して東京マラソンを完走する方法「筋肉バカの壁」

    お笑い芸人「浅草キッド」の水道橋博士による健康本の第二弾「筋肉バカの壁…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリー

フリーランスのための身体マネジメント特集

丸刈りハック

  1. 小ネタ

    アプリ開発者から回答があるかも?iPhoneを「iOS 10.3」以降にアップデ…
  2. これ読んでみた

    30歳を超えたら毎年1%ずつ筋肉が減少!中高年にこそ必要な筋トレダイエット「一生…
  3. これ読んでみた

    これで本当に71歳?体内年齢28歳を実現させた46のレシピ!
  4. ニュース

    これで「おサイフケータイ」がなくてもOK!ドコモがDCMXユーザー向けに「iD」…
  5. Webサービス

    Zenbackで新規ブログを追加できなかった時の話
PAGE TOP