これ読んでみた

あなたは大丈夫?意外とやってしまっている脳のパフォーマンスを著しく低下させる7つの習慣

脳神経外科医が書いた、脳のパフォーマンスを最大限に発揮する方法についての指南書。自分自身の脳の力を最大限に引き出すために、具体的に何をすればよいのかが書かれています。
脳に悪い習慣は以下の7つ。

  1. 「興味がない」と物事を避けることが多い
  2. 「嫌だ」「疲れた」とグチを言う
  3. 言われたことをコツコツやる
  4. 常に効率を考えている
  5. やりたくないのに我慢して勉強する
  6. スポーツや絵などの趣味がない
  7. めったに人をほめない

この中から、印象に残ったものをいくつかピックアップして紹介したいと思います。

脳が持つ本能はたった3つ

脳神経細胞がもつ本能は「生きたい」「知りたい」「仲間になりたい」の3つだけ。脳の機能を最大限に活かすためには、この本能のことを理解して磨く必要があります。

基本的に、脳は本能に逆らうことはできません。

「興味がない」と考えるのはNG

「興味」を持つことが人間の脳を発展させる。そのため「興味がない」と考えたり、口にしたりしないことが大切です。

年を取るに従って物事に興味が持てないのは、脳の考える力が低下していることを意味しているので注意が必要。

感動しないと脳は鈍る

新しい知識や発見をしたい時は、素直に「すごいな」と感動することが非常に大切。「感動する力」は、脳をレベルアップさせます。

話を聞く時には「なるほど」「すごいね」などちょっとオーバーリアクションになるくらいテンションを上げて行きましょう!

目標をコロコロ変えない

目標をコロコロ変えると脳が本気になれなくなるそうです。そのため、1度決めた目標は簡単に変えず、一気にやり遂げることが大切。

達成して完結することが、脳にとって最高のご褒美となります。

 

文章はちょっとお固めになっていますが、なかなか興味深い内容となっています。脳のパフォーマンスを引き出したい思っている人は一読してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. これ読んでみた

    健康で、若く、美しい体を手に入れるための3つの条件「空腹が人を健康にする」

    医療・健康系のテレビのレギュラーやコメンテーターとしてすっかり有名にな…

  2. これ読んでみた

    ビジネス書を効率的・戦略的に読むなら「速読」より「多読」:「レバレッジ・リーディング」

    ビジネス書の読み方に一石を投じた、本田直之さんによるレバレッジシリーズ…

  3. これ読んでみた

    自分の中に眠っている最強の抗ガン剤を生産する3つの方法「春山茂雄のガン革命!」

    「脳内革命」「新脳内革命」シリーズでお馴染みとなった恵比寿ブエナヴィス…

  4. これ読んでみた

    毎日のカロリー制限よりも効果的!科学的にも実証された週2日のプチ断食:週2日ゆる断食ダイエット

    断食というと体の中の毒素を排出して健康に良いというイメージがありますが…

  5. これ読んでみた

    平熱が35℃台の低体温の人は要注意:「体温を上げると健康になる」

    米国医師免許(ECFMG)を取得しているニューヨーク州の医師である齋藤…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリー

フリーランスのための身体マネジメント特集

丸刈りハック

  1. トレーニング

    加速度センサーを使ってスクワットの回数を自動カウントしてくれるアプリ「Runta…
  2. これ読んでみた

    1日10分「クイック→スロー」で眠っている筋肉を覚醒させろ!「体脂肪が落ちるトレ…
  3. 決済

    iPadを利用したPOSレジ&クレジットカードリーダー「Square Stand…
  4. これ読んでみた

    誰もが知りたくなる20歳若返るアンチエイジング術「50歳を超えても30代に見える…
  5. これ読んでみた

    中年おやじが肉体改造して東京マラソンを完走する方法「筋肉バカの壁」
PAGE TOP