ワードプレス

WORDPRESSのSEO対策。検索エンジンに自分のサイトを認識してもうらうためのプラグイン「Google XML Sitemaps」

WordPress(ワードプレス)のSEO対策のためのプラグイン「Google XML Sitemaps」を紹介します。

基本的に検索エンジンのクローラーは、サイトの更新頻度が高ければ訪問頻度が高くなりやすいと言われています。そうは言っても、確実に検索エンジンに認識してもらうためにはサイトマップを作成しておきましょう。

「Google XML Sitemaps」なら自動でサイトマップを出力してくれる

サイトマップは手作業でやると更新のたびに修正しなければならないのでとても面倒くさいです。そこで、サイトマップを自動で出力してくれるプラグイン「Google XML Sitemaps」を活用しましょう。

管理画面「プラグイン」の項目にある「新規追加」から”Google XML Sitemaps”でプラグインの検索を行えばすぐにでてきます。

「いますぐインストール」をクリックしてプラグインをインストール。

インストールが完了したら「有効化」をクリック。

 

「有効化」が完了すると、管理画面「設定」に「XML-Sitemap」が追加されているのでクリックします。

サイトマップはまだ構築されていないので、「こちらをクリック」をクリックすれば作成してくれます。完了後に「Bing への通知中に問題が発生しました。」と表示されますが無視してOKです。

 

「http://(あなたのサイトのアドレス)/sitemap.xml」で生成されたサイトマップの内容を確認することができます。

まとめ

新規にサイトを作成したら検索エンジンに確実に反映させるためにもサイトマップを作成しましょう。

サイトマップを生成したら、Googleウェブマスターツールからサイトマップの追加も忘れずしておきましょう。せっかく作成したサイトを一人でも多くの人に見てもらうためにもやるべきことはしっかりとしておきたいものです。

関連記事

  1. ワードプレス

    WordPressで人気記事を表示するプラグイン「WordPress Popular Posts」が…

    WordPress(ワードプレス)で人気記事を表示するためのプラグイン…

  2. ワードプレス

    Chromeでスマホやガラケーなどの動作が確認できる拡張機能「FireMobileSimulator…

    パソコンのブラウザ「Chrome」で簡単にiPhone(スマホ)やiP…

  3. ワードプレス

    WordPressのSEO対策。面倒くさがりやにおすすめのプラグイン「Meta Manager」

    WordPress(ワードプレス)のSEO対策の定番プラグインと言った…

  4. ワードプレス

    WordPressでスクロール型のソーシャルボタンを設置できるプラグイン「Sharebar」

    WordPress(ワードプレス)で、スクロール型のソーシャルボタンを…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリー

フリーランスのための身体マネジメント特集

丸刈りハック

  1. Webサービス

    空き駐車場をマッチングするサービス「軒先パーキング」
  2. これ読んでみた

    アラサー超えたらインナーマッスルを鍛えよ!インテル長友も実践しているKOBA式体…
  3. Webサービス

    日本語の住所をサクッと英語表記に変換してくれるサービス「JuDress」
  4. 税務・確定申告

    簿記の知識は不必要!個人事業主や小さな会社の経理・会計が超楽になる全自動のクラウ…
  5. これ読んでみた

    iPhoneアプリ設計の極意/iPhoneアプリ開発者が押させておきたいインター…
PAGE TOP