これ読んでみた

米・パン・うどんをやめれば「うつ」「高血圧」「がん」「花粉症」「メタボ」などの生活習慣病が治る

現役医師夫妻が実践している糖質制限食の効果と方法が書かれた「糖質革命」という本を読んでみました。この本によると「うつ」「高血圧」「がん」「花粉症」「メタボ」などの現代病の原因は「低血糖症」であるとのこと。

米・パン・うどんなどの主食をやめて、たんぱく質や脂質をしっかり摂ることにより病気が治るというものです。

第1章 なぜ糖質制限が必要なのか

第2章 糖質制限をはじめよう

第3章 糖質制限に関する栄養学

第4章 低血糖症はなぜ起こるのか

第5章 間違いだらけの健康の常識

第6章 糖質制限Q&A

本の中から気になった箇所をいくつかピックアップして紹介します。

病気の根本は糖質にある

糖質を摂り過ぎるは、生活習慣病はもちろん、精神疾患、アレルギー、精神疾患、ガンなどの病気と密接な関係があるそうです。

もちろん、すべての病気が糖質だけが原因で起こっているわけではないようですが、かなりの多くの病気に糖質の摂り過ぎが関わっているみたいです。糖質を減らすことで病気を防ぎ、健康になる方法が「糖質制限」とのこと。

糖質制限ではあまりカロリーを気にしなくても良い

ダイエットを行う場合、自分がどのくらいのカロリーを摂取したかを記録するレコーディングダイエット的なものが流行っています。だた、糖質制限ではそれほどカロリーを気にする必要はないそうです。

糖質制限で重要なのは、精製された糖質(白米・めん類・パン類・砂糖)や甘い果物を大量に摂らない。たんぱく質や脂質をしっかりと摂る。食事は腹八分に抑える。などがあります。

個人的にはカロリー計算などは面倒くさくてやりたくないので、糖脂質制限の方が自分には向いているような感じを受けました。

おやつにはたんぱく質を気軽に摂れるものを用意する

間食する際には、チョコレートやクッキーなどのお菓子ではなく、たんぱく質が気軽に摂れるものを用意しておくと良いそうです。

例えば、チーズ、無糖ヨーグルト、ミックスナッツ、するめ、ゆで卵などがおすすめになっています。糖質制限を行うのであれば、まずはこの辺から手をつけるとあまり抵抗がなく実践できるかもしれませんね。

まとめ

糖質制限の入門書として勉強になりました。もし自分が生活習慣病などが気になりはじめたら糖質制限という方法もありかなと思えるような内容になっています。

ただ、本書の中で著者自身のデータを公表している箇所があるのですが、データの分母の数がもっと多いと説得力が増したのではないかと感じました。

関連記事

  1. これ読んでみた

    平熱が35℃台の低体温の人は要注意:「体温を上げると健康になる」

    米国医師免許(ECFMG)を取得しているニューヨーク州の医師である齋藤…

  2. これ読んでみた

    中年おやじが肉体改造して東京マラソンを完走する方法「筋肉バカの壁」

    お笑い芸人「浅草キッド」の水道橋博士による健康本の第二弾「筋肉バカの壁…

  3. これ読んでみた

    なんとなく身体の調子が悪いという人は要注意!現代人が陥りやすいミネラル不足とは?

    「食事でかかる新型栄養失調」という本を読んでみました。この本で…

  4. これ読んでみた

    安心で安全な食卓を守るために必要な知識「これなら食べよし!」

    「添加物」「遺伝子組み換え」「残留農薬」「放射能汚染」など食品の安心や…

  5. これ読んでみた

    あなたは大丈夫?意外とやってしまっている脳のパフォーマンスを著しく低下させる7つの習慣

    脳神経外科医が書いた、脳のパフォーマンスを最大限に発揮する方法について…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリー

フリーランスのための身体マネジメント特集

丸刈りハック

  1. これ読んでみた

    目を覚ませ!会社や組織に雇われずに働く方法はいくらでもある:「就職しない生き方」…
  2. これ読んでみた

    広告やCMなどに影響されてライフスタイルをつくるな!「LESS IS MORE」…
  3. これ読んでみた

    今話題のユーグレナで食糧問題や環境問題は解決するのか?「僕はミドリムシで世界を救…
  4. これ買ってみた

    田舎の水でも違いが実感できる!おいしい水道水を飲むなら浄水能力No.1のクリンス…
  5. コラム

    iPhoneやiPadのカメラを使って脈拍・心拍数を気軽に測定できるアプリ「カー…
PAGE TOP