これ読んでみた

どの家庭にもありそうな危険度の高い添加物を使った食品5選「加工食品の危険度調べました」

科学ジャーナリストである渡辺雄二さんの著書「加工食品の危険度調べました」という本を読んでみました。

この本では、どの家庭でも利用していそうな食品143品目について、渡辺さんの視点で「買ってはいけない食品」と「買ってもいい食品」を「不可」「可」「良」「優」の4つの評価で仕分けを行っています。

ここですべて紹介する訳にはいきませんので、「不可」の食品の中から気になったものをいくつかピックアップして紹介したいと思います。ちなみに「不可」の食品の定義は、危険性の高い添加物が使われている、あるいは多くの添加物が使用され胃や腸に悪影響がある食品となっています。

「不可」:買ってはいけない食品

永谷園 松茸の味お吸いもの

材料が不明な香料。カラメル色素や調味料(アミノ酸等)

日清 カップヌードル

添加物があまりにも多く、過酸化脂質もできている

サッポロ一番

添加物があまりにも多く、過酸化脂質もできている

「かんすい」という添加物も含まれていて、多く摂取すると胸やけを起こすこともあるそうです。

ノンオイル 青じそ

 スクラロースが免疫を低下させる可能性がある

こちらも結構お世話になっているドレッシングです。添加されているスクラロースは自然界に存在しない化合性物質で、避けたほうが賢明とのこと。

ノンオイルといっても健康に良いとは限らないのですね・・。

ヘルシアウォーター

スクラロースを使用

こちらも合成甘味料のスクラロースが問題とのこと。特保だからと言って、大量に摂取するのは考えたほうが良いかもしれません。

まとめ

食品に利用されている添加物については、動物実験などでその安全性は確認されています。ただ、それはあくまで動物での話。動物で安全だからと言って、必ずしも人間に悪影響がないとは言えません。

また、複数の添加物を同時に摂取したときの影響などはほとんど分かっていないのが現状です。ただ、添加物がまったくの悪者かと言われればそうではありません。消費者にとっては「安さ」「手軽さ」「便利さ」などのメリットがあります。

詳しくは「安さ、手軽さ、便利さ、毒性、食品添加物の光と影を暴く「食品の裏側」」を参照して下さい。

 

現状だと私たち消費者は添加物をすべて避けることはほとんど不可能な状態です。添加物の危険性を認識しながら、うまく付き合っていく方法を学んでいく必要があるのではないかと感じました。

そういった意味でも、どのような食品が安全で、どのような食品が危険なのか一度確認しておいた方が良いのかもしれませんね。あなたが普段口にしている食品は大丈夫でしょうか?

関連記事

  1. これ読んでみた

    個人事業主・フリーランスのための節税入門!領収書を経費にするために憶えておくべきたった1つのこと

    個人事業や自営業、フリーランスをやっている人なら誰もが一度は直面する税…

  2. これ読んでみた

    ちょっとしたコツで楽になる!長時間のデスクワークでも疲れないですむ4つの方法

    「パソコンで疲れる、人に会うのが疲れる、寝ても疲れが取れない人へ。藤本…

  3. これ読んでみた

    あなたは大丈夫?意外とやってしまっている脳のパフォーマンスを著しく低下させる7つの習慣

    脳神経外科医が書いた、脳のパフォーマンスを最大限に発揮する方法について…

  4. これ読んでみた

    なんとなく身体の調子が悪いという人は要注意!現代人が陥りやすいミネラル不足とは?

    「食事でかかる新型栄養失調」という本を読んでみました。この本で…

  5. これ読んでみた

    ストレングスファインダーで自分の5つの強みをあぶり出す:さあ、才能(じぶん)に目覚めよう

    自己分析のド定番「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強み…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリー

フリーランスのための身体マネジメント特集

丸刈りハック

  1. これ買ってみた

    洋服の型崩れともこれでおさらば!手頃な値段でもハンガー専門店のクオリティ「ハンガ…
  2. これ読んでみた

    1日30分のトレーニングで「動ける」身体を手に入れろ/トップアスリートのトレーニ…
  3. 税務・確定申告

    サラリーマン・OLの副業対策!会社にばれずに確定申告をする方法
  4. ニュース

    ドコモがクレジットカード支払いをしている人を対象に「ご利用料金のご案内」の郵送を…
  5. これ読んでみた

    有名な胃腸内視鏡外科医が教えてくれる人生を太く長く生きる方法「病気にならない生き…
PAGE TOP