これ読んでみた

どの家庭にもありそうな危険度の高い添加物を使った食品5選「加工食品の危険度調べました」

科学ジャーナリストである渡辺雄二さんの著書「加工食品の危険度調べました」という本を読んでみました。

この本では、どの家庭でも利用していそうな食品143品目について、渡辺さんの視点で「買ってはいけない食品」と「買ってもいい食品」を「不可」「可」「良」「優」の4つの評価で仕分けを行っています。

ここですべて紹介する訳にはいきませんので、「不可」の食品の中から気になったものをいくつかピックアップして紹介したいと思います。ちなみに「不可」の食品の定義は、危険性の高い添加物が使われている、あるいは多くの添加物が使用され胃や腸に悪影響がある食品となっています。

「不可」:買ってはいけない食品

永谷園 松茸の味お吸いもの

材料が不明な香料。カラメル色素や調味料(アミノ酸等)

日清 カップヌードル

添加物があまりにも多く、過酸化脂質もできている

サッポロ一番

添加物があまりにも多く、過酸化脂質もできている

「かんすい」という添加物も含まれていて、多く摂取すると胸やけを起こすこともあるそうです。

ノンオイル 青じそ

 スクラロースが免疫を低下させる可能性がある

こちらも結構お世話になっているドレッシングです。添加されているスクラロースは自然界に存在しない化合性物質で、避けたほうが賢明とのこと。

ノンオイルといっても健康に良いとは限らないのですね・・。

ヘルシアウォーター

スクラロースを使用

こちらも合成甘味料のスクラロースが問題とのこと。特保だからと言って、大量に摂取するのは考えたほうが良いかもしれません。

まとめ

食品に利用されている添加物については、動物実験などでその安全性は確認されています。ただ、それはあくまで動物での話。動物で安全だからと言って、必ずしも人間に悪影響がないとは言えません。

また、複数の添加物を同時に摂取したときの影響などはほとんど分かっていないのが現状です。ただ、添加物がまったくの悪者かと言われればそうではありません。消費者にとっては「安さ」「手軽さ」「便利さ」などのメリットがあります。

詳しくは「安さ、手軽さ、便利さ、毒性、食品添加物の光と影を暴く「食品の裏側」」を参照して下さい。

 

現状だと私たち消費者は添加物をすべて避けることはほとんど不可能な状態です。添加物の危険性を認識しながら、うまく付き合っていく方法を学んでいく必要があるのではないかと感じました。

そういった意味でも、どのような食品が安全で、どのような食品が危険なのか一度確認しておいた方が良いのかもしれませんね。あなたが普段口にしている食品は大丈夫でしょうか?

関連記事

  1. これ読んでみた

    筋トレを行う際に初心者が気をつけるべき4つのポイント「効く筋トレ効かない筋トレ」

    筋トレ本でお馴染みの石井直方さんの著書「効く筋トレ効かない筋トレ」を読…

  2. これ読んでみた

    広告やCMなどに影響されてライフスタイルをつくるな!「LESS IS MORE」

    本田直之さんの「LESS IS MORE」を読んでみました。「LESS…

  3. これ読んでみた

    アトピー・花粉症・不妊症、食事で体質はここまで変わる「これを食べれば医者はいらない」

    30年以上にわたって日本人にとっての正しい食事について研究・実践を続け…

  4. これ読んでみた

    全てのパパママストアに捧ぐ!弱者がしぶとく生き抜くための儲けの戦略:「小さな会社・儲けのルール」

    中小企業コンサルタントの竹田陽一さんと零細企業コンサルタントの栢野克己…

  5. これ読んでみた

    これで本当に71歳?体内年齢28歳を実現させた46のレシピ!

    脳内革命などのシリーズが600万部を突破したことでも知られる春山茂雄先…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリー

フリーランスのための身体マネジメント特集

丸刈りハック

  1. 小ネタ

    マラソンやサイクリングのログ取得でiPhoneアプリを利用しているならAppのバ…
  2. これ読んでみた

    体を騙して成長ホルモンが約290倍に上昇!「加圧トレーニングの奇跡」
  3. Webサービス

    ブロガー必見!WordPressの運用に特化したレンタルサーバー&クラウドサービ…
  4. Webサービス

    Twitterのフォロワーを管理するなら「ManageFlitter」が便利
  5. これ読んでみた

    良いオリーブオイルを選ぶための3つのポイント:病気がイヤなら「油」を変えなさい!…
PAGE TOP