これ読んでみた

正しい知識で筋トレすれば必ず体は変化する「ジムに通う人が知っておきたいトレーニング科学」

短期間で充分なトレーニング効果を実感するには正しい方法を知っていることが必須となってきます。自己流でやっているが、どうしても思うような効果がでないという時にはやり方が間違っている可能性があります。

こちらの本では、筋トレの知識から筋トレ方法、ストレッチ方法、栄養指導、長く続けるためのモチベーションのコントロール方法まで、各専門分野のエキスパートが解説してくれています。

序章 正しい知識でトレーニングすれば体は必ず変化する

第1章 始める前に知っておきたいトレーニングの知識

第2章 意外と知らない筋肉と運動のメカニズム

第3章 「やってはいけない」と「正しい」筋トレ&ストレッチ

第4章 トレーニング効果を高める食事と栄養補給

第5章 長く続けるためのモチベーションコントロール

特別付録 目的別60日間トレーニングメニュー

 

基本的な内容になっていますが、この内容を知っているかどうかでトレーニングの効率性がだいぶ変わってくると思います。ここでは本書の中からいくつかピックアップして紹介したいと思います。

有酸素運動のやり過ぎに注意!

健康ブームにより、マラソンを始める人も多くなってきます。体脂肪を燃やすためにも有酸素運動は有効です。ただし、有酸素運動のやり過ぎにも注意する必要があります。疫学的調査によると運動量が3000kcal以上になると逆に疾患率が上がるそうです。

過度の有酸素運動により、体に活性酸素が過剰に生成されて、細胞の老化やガン化の原因となっています。健康のために運動をするなら、「やり過ぎ」には注意したいところですね。

トレーニングは順番が大事

トレーニングには「プライオリティーの法則」というのがあり、「もっとも重要な部分のトレーニングを、疲労が蓄積しないうちに行う」というのが基本的な考え方となっています。

基本的に大きな筋肉から始めて、徐々に小さな筋肉に移行するのがセオリーとなっています。小さな筋肉が先に疲労してしまうと、大きな筋肉が疲労しない内に終了してしまうことが考えられるからです。

トレーニングの順番を適当にやっている人は見直した方が良さそうですね。

休むことも大切なトレーニング!

筋トレは毎日やれば良いと思っている人は要注意です。毎日やると、筋肉が増えるどころか、疲労が蓄積して逆に筋肉が小さくなることもあるそうです。

筋トレは週に2・3回行うのがもっとも効果的とこのと。休むことも大切なトレーニングの1つということを覚えておきましょう。どうしても毎日やらないと気が済まない人は、鍛える部位を曜日毎に変えるのが良いでしょう。

筋肉の強化に年齢は関係なし!

筋肉の量は30歳をピークに減少し始め、70歳台では約3分の2の筋肉量になってしまうそうです。

筋トレなんて運動選手や若い人だけがやるものだと思っているのは大間違いです!筋肉量が減る30代以上の人こそやる必要があります。

まとめ

トレーニングをするなら知っておきたい情報がコンパクトにまとめられています。また、付録として巻末に「目的別60日間トレーニングメニュー」が掲載されています。

何から始めたら良い分からない人にとっては参考になるのではないでしょうか。筋トレ初中級におすすめの1冊となっています。ただし、基本的な知識が多いので、既に本格的にトレーニングをしている人にとってはちょっと物足りなく感じるかもしれません。

関連記事

  1. これ読んでみた

    交感神経と副交感神経のバランスを整えれば病気になりにくくなる「なぜ「これ」は健康にいいのか?」

    順天堂大学医学部教授で律神経研究の第一人者小林 弘幸さんの「なぜ「これ…

  2. これ読んでみた

    筋トレを行う際に初心者が気をつけるべき4つのポイント「効く筋トレ効かない筋トレ」

    筋トレ本でお馴染みの石井直方さんの著書「効く筋トレ効かない筋トレ」を読…

  3. これ読んでみた

    医療の現場でも実証済み!作業療法士が教える睡眠の質がおもしろいほど上がる3つの法則

    睡眠は一日の内で1/3程度を占める重要な行為の1つとなっています。ただ…

  4. これ読んでみた

    誰もが知りたくなる20歳若返るアンチエイジング術「50歳を超えても30代に見える生き方」

    今ではすっかりテレビや雑誌などで有名になったナグモクリニック院長の南雲…

  5. これ読んでみた

    米・パン・うどんをやめれば「うつ」「高血圧」「がん」「花粉症」「メタボ」などの生活習慣病が治る

    現役医師夫妻が実践している糖質制限食の効果と方法が書かれた「糖質革命」…

  6. これ読んでみた

    平熱が35℃台の低体温の人は要注意:「体温を上げると健康になる」

    米国医師免許(ECFMG)を取得しているニューヨーク州の医師である齋藤…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリー

フリーランスのための身体マネジメント特集

丸刈りハック

  1. これ買ってみた

    PS3版「大神 絶景版」がめちゃ綺麗!超解像技術による内部解像度3840…
  2. Webサービス

    無料の画像素材を探すなら横断検索ができる「タダピク」が便利
  3. アフィリエイト

    バリューコマースで複数のサイトを登録している人に朗報!2013年11月振込み分か…
  4. これ読んでみた

    自営業は身体が資本!30代になったら始めておきたいカラダへの投資「カラダマネジメ…
  5. コラム

    ソフトバンクiPhone4S専用のSIMロック解除アダプタ Smartking/…
PAGE TOP