これ読んでみた

がんとムダな闘いをしないためにも知っておくべきこと「どうせ死ぬなら「がん」がいい」

医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法」の近藤誠さんと「大往生したけりゃ医療とかかわるな」の中村仁一さんの対談本である「どうせ死ぬなら「がん」がいい」を読んでみました。

医療業界では異端とも言える二人の医師が「がん」や「医療」の実態についてぶっちゃけトークを繰り広げています。

第一章 がんの誤解を解く

第二章 医療に殺される

第三章 日本人と死

対談を終えて

がんで痛むのではなく、がん治療で痛む

一般的にがんというと、のた打ち回るような痛みを伴うというイメージを持っている人も少なくないのではないでしょうか。

がんと言うとどうしても「痛む」「怖い」ということを連想してしまいがちです。ところが、ほとんどの場合、がん自体ではなく手術や、抗がん剤などで苦しむことが多いのだとか。

「治療の結果の痛み」=「がんの痛み」という思い込みには注意した方が良さそうです。

がんの9割に抗がん剤は無意味

抗がん剤で治るのは、急性白血病や悪性リンパ腫のような血液のがん、子どものがんなど全体のほぼ1割なんだそうです。残りの9割のがんについては、抗がん剤で治ることはないし、延命に効果がると証明されたデータも存在しないとのこと。

ほとんどの抗がん剤治療には、副作用と縮命効果しかないというのなら抗がん剤治療は選択したくはないですね。また、抗がん剤が効くというのは、一時的にしこりが小さくなるだけであって、がんが治ったり、延命につながるということではないそうです。

自覚症状がないならがん検診は受けるな

がんは自覚症状が出てから医者にかかれば十分だそうです。なぜかと言うと詳しく検診するほど、がんはいくらでもみつかるからです。ただし、見つかったとしてもほどんどの場合、命に関わらない潜在的ながんか「がんもどき」とのこと。

放っておいて問題ないがんをわざわざ見つけて、手術や抗がん剤治療を行って命を落としてしまうケースも少なくないそうです。本物のがんの場合、たとえ検診で見つかったとしても標準治療(外科手術、放射線、抗がん剤)をしても治らないみたいです。

まとめ

もし仮に自分にがんが見つかった時、どのような対応をするかはまだ判断がつきません。ただ、すぐに手術する、抗がん剤治療をするという選択肢の他にも、放置して様子を見てみるという選択肢もあるんだということを頭の中に入れておくべきかなと思いました。

また、がん検診は安易に受けるのはやめておきたいですね。痛みが少ないのなら、がんを放置して死ぬのもありかな~なんて考えている自分がいます。

関連記事

  1. これ読んでみた

    今日から使える!老舗バスクリン社員が教える「正しいお風呂」の入り方5選

    毎日の入浴を充実させたいと思い、入浴剤メーカーのバスクリン社員で温泉入…

  2. これ読んでみた

    グローバル時代の職業マップ!10年後でも食っていける職業の選び方

    これから就活する学生や仕事を変えたいと考えている人に参考になりそうな一…

  3. これ読んでみた

    広告やCMなどに影響されてライフスタイルをつくるな!「LESS IS MORE」

    本田直之さんの「LESS IS MORE」を読んでみました。「LESS…

  4. これ読んでみた

    基本は食べる順番を守るだけ!炭水化物のドカ食いもOKのダイエット/食べ順爆発ダイエット

    「もてもてナインティナイン」のダイエット企画で有名となったおネェ系フィ…

  5. これ読んでみた

    胃がんの原因は遺伝ではなくピロリ菌!40歳未満で除菌すると一番効果が出やすい/医者が患者に教えない …

    日本消化器病学会専門医で内視鏡の第一人者である江田証医師が書いた「医者…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリー

フリーランスのための身体マネジメント特集

丸刈りハック

  1. これ読んでみた

    スタンフォードの人気講座から学ぶ!悪い習慣を捨てて健康的な習慣を身に付ける方法
  2. Webサービス

    さくらレンタルサーバからバリュードメインにドメインを移管(転出)する方法
  3. これ読んでみた

    自分のDNAを知ることは自分の健康と命を守るための最強の戦略!遺伝子医療革命
  4. 小ネタ

    エックスサーバーなら独自SSLの設定が無料!無制限で利用できるので早速ドメインを…
  5. これ読んでみた

    知らなきゃヤバイ!水を飲んではいけない3つのシチュエーション「水と体の健康学」
PAGE TOP